コンサルタントへの転職

コンサルタントとは、企業の経営課題を解決するための指導や助言を行う専門家です。そのため、企業の海外展開に際して戦略立案を行ったり、業務改善に関わるITシステムの提案や導入を支援するなど、あらゆる分野についての経験や知識を必要とされます。
また、コンサルタントの業務は、期限内での成果が求められるため、一定期間内で調査や分析を行い経営戦略の策定、実行支援までを支援することが求められる、かなりハードな職場であるといえます。そのため、知力・体力・精神力の求められる職種ではありますが、実際にコンサルタントとして活躍されている方の多くはクライアント企業の課題に対して最上の成果をあげられたことが実感できることをモチベーションとされており、自分自身の高い価値観と高い基準を持ち第三者の立場でどれだけプロジェクトに没頭できるかがコンサルタントとして求められる資質であるといえます。

コンサルタントの中にはフリーで活動される方もいらっしゃいますが、多くはコンサルティングファームに所属しています。そしてコンサルティングファームは扱っているプロジェクトの種類によって、ITコンサル、戦略系、会計系、人事・組織系等に分類することができます。以下にコンサルティングファームの特徴と転職の際のポイントをご参考までにまとめてみました。

総合(系)コンサルティングファーム

総合コンサルティングファームは、企業・事業戦略立案~IT戦略立案・システム化構想策定といった、上流フェーズから下流公手まで、もしくは、会計関連から、SCMや人事分野まで、あらゆるコンサルティングサービスを幅広く手掛けます。
総合コンサルティングファームへの転職をお考えでしたら、代表的な企業は並行して応募することをお奨めします。ご自身の市場価値を客観的に把握することにもつながりますし、カルチャーがフィットする会社を見つけることにもつながります。

ITコンサルティングファーム

ITが企業活動のみならず日常生活でも必要不可欠になった現在、ITコンサルティングファームのニーズが高まっています。ITコンサルティングファームはITの活用を主軸に経営課題を解決していくコンサルティングを主な事業としており、ERP、CRM、SCMの導入コンサルティングなどを主に行っています。
ITコンサルティングファームへの転職にはIT業界での経験を求められ、グローバル展開をしている企業も多いため英語力があることがプラス評価となることがあります。

戦略系コンサルティングファーム

企業のトップレベルの経営課題、例えばM&Aによるグループ再編など、事業会社や大手金融機関など、グローバル展開する大企業の成長戦略に対し最善の策を提案することを主に活動しています。
戦略系コンサルティングファームへの転職には特定の分野での強みを持つスペシャリストが求められる傾向があり、必ずしもMBAホルダーである必要はありませんが、歓迎される傾向ではあります。
またグローバルネットワークを活用した情報収集力が求められるため、英語以外の外国語が使えると選択肢が広がります。

会計系コンサルティングファーム

M&Aにおける全体のマネジメントや買収後の統合支援業務、事業再生支援、再生計画の実行などの一連業務に関わるコンサルティングを行います。
会計事務系であることからも、会計系コンサルティングファームへの転職には会計士資格があることは優位ではありますが、最近の傾向としてはERPの導入案件も増えておりITコンサルタントのニーズも高まりつつあるなど、ご自身の専門分野によっては会計士の資格が必ずしも転職に必要ではなくなりつつあります。

人事・組織系コンサルティングファーム

確定拠出型年金や退職給付制度などの給与制度改革や評価制度の改革、人材能力開発など、人事関連の領域を専門にしたコンサルティングファーム。
人事・組織系コンサルティングファームの転職にはアクチュアリーなどの資格も有効ですが、グローバル化に伴う海外人材受け入れに伴う制度改革の必要性のある企業も多く、グローバル視点での戦略がたてられる人材が求められています。

コンサルタントの求人は、その性質上非公開求人であることが多くあります。

コンサルティング業界への転職は、

コンサルティング業界への豊富な転職実績と専門知識、転職ノウハウをもった
パソナキャリアのアドバイザーにご相談ください。

客観的な視点からご経験・ご志向・ご希望に合った求人をマッチングいたします。
転職活動にお困りでしたら、お話を伺うだけでも結構です。ぜひご相談ください。

コンサルティング業界のその他の転職コラムコンサルティング業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?