エグゼクティブ の転職コラム一覧

エグゼクティブ層に多い出身大学・学部

上場企業のエグゼクティブ層に多い出身大学をまとめてみました。 ■国公立大学東京大学がダントツのようです。他には京都大学、一橋大学、大阪大学と知名度の高い大学が並んでいます。 ■私立大学慶應義塾大学、早稲田大学の出身者が多くなっています。次いで中央大学や明治大学、日本大学、関西では同志社大学が挙げられ...続きを読む

エグゼクティブを年収で考えてみる

全国の給与所得者における年収分布を見てみると、年収1,000万円以上の割合は3.8%にしかならないとようです。800万円以上でみると8%と多くなります。一方で、男性に限るとボリュームゾーンは300~500万円の間となって、800万円以上はエグゼクティブ層と呼んでも良さそうです。 800万円以上となる...続きを読む

エグゼクティブは勉強時間をどう確保する

エグゼクティブ層の人たちは、学生時代はもとよりビジネスの世界に身を置いてからも、学ぶことを厭わないからこそ、そのポジションを得ていると言えるようです。 多くのビジネスパーソンが勉強の必要性を感じてはいるものの、日々の仕事に追われて勉強時間を確保できていないようであり、ある調査によると年収が500万円...続きを読む

経営幹部(上級管理者)に求められるものとは

経営幹部とは社長の代理であり、企業を取り巻く環境の変化を素早く察知し、企業としてどうするべきであるか深慮し行動することが求められます。 環境の変化をしっかり見据えながら、経営理念やビジョン、中長期の事業計画の達成に向けて自部門の役割を遂行しなければなりません。また、企業のさらなる成長に向けて組織の革...続きを読む

企業がエグゼクティブを求める理由と期待すること。

「エグゼクティブ」として転職するということは、入社後に準備期間を経て上級マネージャーや役員などとして部門の責任者となることを求められます。一般的には30代後半から50代前半の管理職経験が数年以上ある方が対象となります。 【企業がエグゼクティブを求める理由】・海外を強化したいが、社内に適任がいない・次...続きを読む

エグゼクティブ層の取得率が高いといわれるMBA

ビジネススクールで提供されるMBAプログラムは、現役ビジネスパーソンの実践的なスキルアップの習得を目的としています。マーケティング、ファイナンスなど経営に必要な高度な知識とリーダーとしての論理的な思考力などを習得することができます。 【履修科目例】会計(Accounting)ファイナンス(Finan...続きを読む

エグゼクティブには「人的スキル」が必要。

企業の評価やイメージは、そこにいる人で決まるといっても過言ではないといえます。経営層や幹部といったエグゼクティブたちは、社内外をとわず、人と接する機会が非常に多く、高い人的スキルを求められるものです。 株主、関連企業、取引先企業、一般消費者、従業員などさまざまなステークホルダーとコミュニケーションを...続きを読む

ハイクラス層以上に求められる「考え抜く力」を身につける

「グローバル化」が進むビジネス社会において、これからのハイクラス層は求められるものは「考え抜く力」。グローバルに活躍するビジネスパーソンは、明確な意見を持ち、じっくりと考え抜くスキルを持っているといえます。 「考え抜く力」とは、様々なビジネスシーンで発生した問題解決のために現状を正しく理解し順序立て...続きを読む

「ヘッドハンティング」と「スカウト」のチャンスに備える。

ヘッドハンターがターゲットにするのは、通常の採用活動では見つけにくいエグゼクティブ層やそれぞれの分野のスペシャリストです。企業側の目は、転職の必然性がなく現役で活躍している方に向いています。その際には「自社にどんな付加価値を与えるか」が最も重要な評価基準となります。 【重要ポイント】・スペシャリスト...続きを読む

エグゼクティブにとっての必須スキルとは

企業の経営に深くかかわることが期待される、エグゼクティブ層には様々なスキルが要求されることは疑いの余地はありません。その中でもとくに重要なものをピックアップしてみました。 ・財務、経理など会計関連の知識・基本的な統計学と、マーケティング全般の知識・会社運営と関連業界に関する法令の知識・人材(部下)育...続きを読む

ビジネスパーソンに求められるビジネスレベルの「英語力」

ハイクラスのビジネスパーソンにとって英語力でのコミュニケーション能力は重要なポイントです。 英語力の基準として最も広く利用されているテストがTOEICですが、ビジネスレベルの英語力はTOEIC730点以上と解釈されています。しかし、英語力を問われる転職を検討する場合、TOEIC800点以上であっても...続きを読む

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?