ハイクラス層の面接と一般層の面接の違い

ハイクラス層の方の転職活動は、積極的に複数の企業に応募されるケースもあると思いますが、それよりも応募するポジションありきで転職活動をされる方が多いのではないでしょうか。転職希望者の方も通常の転職活動と動きが異なるように、ハイクラス層の面接では一般層の面接とは異なるポイントがあります。今回は、ハイクラス層の面接上で注意しておくべきポイントをご紹介します。

■求人の背景を理解しておくこと
面接はご自身のプレゼンの場です。プレゼンをするためには、相手が求めている点を明らかにすることが必要です。そのために、なぜ企業は今回採用活動をしているのかを理解しておきましょう。

ハイクラス層の採用は採用企業としても、会社の戦略上重要な活動となります。何か成長させたい事業があるのか、それとも責任者ポジションを新しく設立するのか、など、採用の背景によって求めるスキルや人物像が異なります。この点を理解したうえで、ご自身をプレゼンしていただくことがハイクラス層の面接では必要です。

■面接官を理解しておくこと
ハイクラス層であっても、面接は複数回行われることが一般的です。面接官によって面接時の確認するポイントは異なります。役員や上長となる方が面接官の場合、スキル・経験面の確認が面接時に高い比率を占めます。人事が面接官の場合は、人物面や長期的に就業していただける方なのか、という点も面接時のポイントもなります。どういった方が面接官なのかで、アピールすべきポイントが異なりますので、面接時には面接官がどういった方なのかを理解しておきましょう。また、面接官の強みや傾向なども理解したうえ面接に臨むとさらに効果的です。

一般層の面接でもこれらはもちろん重要ですが、ハイクラス層の場合はこういった点に注意しておくことが面接に臨む上での最低条件と考えられるほど重要です。転職エージェントであれば、企業に関する情報は保有しておりますので、面接前に一度面接対策についてエージェントとお話されることをおすすめいたします。

エグゼクティブのその他の転職コラムエグゼクティブの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?