リーマンショック前と現在の人材募集の変化

2008年のリーマンショッックから数年が経ち、有効求人倍率も右肩上がりの回復をみせています。
金融業界も例に漏れず、暫く採用を休止していた企業が徐々に採用を再開したり、新たに採用を始める企業が出てくるなど、リーマンショック前と同等のレベルまで求人数が回復しています。

しかし、リーマンショック前と現在の求人内容や採用方法に変化があります。
それは、より「専門性」「即戦力」を求める傾向にあるという点です。

かつては、採用予算や、人員に余裕があったため、ポテンシャルを重視した採用を行う企業もありました。しかしリーマンショックを経験したため、暫く採用をせずに限られた人員で山を乗り越えてきた経験もあり、より効率的に採用をしたいと考える企業も出てきました。

そのため、応募者の視点からすると、応募する企業によっては、企業へのやる気は勿論、これまでのご経験やご自身の強みを、きちんとお話できるように準備をしていくことも重要なポイントと言えるでしょう。

金融業界のその他の転職コラム金融業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?