金融業界における第二新卒クラスのポテンシャル求人が増えています。

景気がよくなり、第二新卒クラスのポテンシャル求人を頂くケースが増えております。

この流れは金融業界も例外ではなく、例えば業界不問で営業職としての経験があれば、金融業界にて就業可能な求人もあります。
そこで、今回は金融業界におけるポテンシャル採用求人の動向と第二新卒クラスの方が転職時に気を付けるべき点をお伝えいたします。

金融業界でいただく若手ポテンシャル求人の特徴としては、営業経験も必要ではありますが英語力を求められる傾向があります。
また、入口の段階では英語力が必要でなくとも、将来的にキャリアを構築するためには必要であると言われています
最近では英語力を身に着けている学生の方も多いですので、これから転職市場においては英語力は非常に大きな武器となりますね。

ただ、せっかく英語力もあり書類選考が通過しても一次面接でお見送りになるケースも散見されます。
第二新卒クラスの求人において面接NGの理由として、「転職者の軸がはっきりしていない」 つまり、やりたいことが明確ではないということが良くきかれます。

面接において残念な結果にならないためにも、なぜ転職するのか、新たな職場にて求めているものは何か、将来的なキャリアをどのように構築しようと考えているのかなど、求人が増えている今だからこそ、十分にご自身を分析し転職活動に臨んでください。

金融業界のその他の転職コラム金融業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?