外資系金融の復活

リーマンショックの後、日本の外資系金融機関は人員削減や縮小、撤退などが相次ぎ、積極的な採用については凍結される流れとなってしまいました。
しかし、ここ最近の経済状況の好転、オリンピック開催の決定など、非常に前向きな要素が重なり、日本というマーケットが再度見直されてきているように思います。

これまでは派遣社員、契約社員での採用が多かった外資系金融企業についても、最近では正社員のポジションが増加しており、フロントからミドル、バックに至るまで採用が積極化してきています。
また、最近のクールジャパン戦略により、日本に興味を持つ外国人の方も多くなっており、日本で働きたい外国人の方が増加している印象です。

求人数が全体的に増加し、より多くの選択肢がある中、改めてグローバルな環境で大きなビジネスができる外資系金融機関についても考えてみてはいかがでしょうか?

多くの外資系企業求人では、やはりビジネスレベルの英語力が求められますので、やはり英語力については日頃からトレーニングをしていく必要がありそうですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パソナキャリアでは、金融業界の専門知識と転職ノウハウをもつ"あなた専任"のアドバイザーが、ご経験・ご志向・ご希望に合った求人を、客観的な視点からマッチングいたします。
転職活動にお困りでしたら、お話を伺うだけでも結構です。ぜひご相談ください。

>> お問い合わせはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金融業界のその他の転職コラム金融業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?