グローバル
2013.10.08

グローバル系の求人は増えているのか?~管理部門編~

前回はグローバル系求人が転職市場全体で増加しているか、という点をご紹介させていただきました。今回はその中で求人増加率の高かった「管理部門」にフォーカスしてグローバル系求人の動向についてご紹介いたします。

管理部門をさらに詳細に職種ごとに増加率を見てみると、増加率の高い職種は「監査」「人事」「法務」「マーケティング」がグローバル系求人の増加率が高い職種となりました。業界別に見ると、圧倒的に製造業の増加率が高い結果となりました。

※パソナキャリアにご依頼いただいている求人をベースに算出。2013年3月時点求人状況と2013年9月時点求人状況を比較。


グローバル系管理部門求人_増加率グローバル系管理部門求人_業界別増加率

背景として、海外進出をはかる企業の増加、製造業の生産工程のグローバル化が増加があげられます。全体として英語力はももちろんですが、海外とのビジネスの経験などが求められる傾向にあります。特に増加率の高い各職種の傾向は以下です。グローバルに活躍したいとお考えの方は、そういった環境に早めにチャレンジすることが、今後のキャリアアップにつながるかもしれません。

●人事
グローバル化に伴い、海外拠点の新規設立や海外での採用強化にあたって、グローバル系人事の経験者が求められています。海外での採用の経験や、海外拠点での人事制度の立案経験などがある方は転職市場では非常に高く評価されるでしょう。

●法務
海外進出にあたり、海外企業のM&Aや海外で新規事業を立ち上げに取り組む企業も増加しているため、「法務」系の職種でも、英語ができるだけではなく、グローバルな経験を持つ法務人材が求められています。もちろん、海外企業との契約増加を背景に、英語のできる法務ポジションも増加しています。

●経理・監査
生産工程のグローバル化や海外支店・グループ会社設立により、監査対象として海外拠点が含まれるようになり、英語力のある監査経験者が求められています。経理も同様で、グローバル化にあわせて決算対象に海外拠点が含まれるようになり、海外拠点も含めた決算経験をお持ちの方は転職市場で高く評価されています。ただし、経験者自体が転職市場に少ないため、ジュニアポジションであれば、経理経験+語学力で転職ができるチャンスともいえるでしょう。

●前回コラムはこちら

グローバル系の求人は増えているのか?

グローバルのその他の転職コラムグローバルの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?