IT・Web業界
2014.01.07

アドテクノロジーと転職

アドテクノロジー(ad technology、アドテク)とはテクノロジー(主にインターネットに関わる技術)を活用した広告(ad)を配信するシステム及びその広告を指します。WEBに関わる方は一度は聞いたことがあるキーワードだと思います。

アドテクノロジーは現在のWEBマーケティングにおいて、リスティング広告などと同様にプロモーションの中心となっており、投資される広告費は拡大傾向にあります。そのため特に広告に関わる仕事に従事されている方は積極的に関わりを持つことが重要です。

アドテクノロジーと一緒に頻出するキーワードとしては下記が上げられ、アドテクロジーによって具現化された機能、サービス、商品として認識して良いと思います。
・RTB(real time bidding)
・DSP(demand side platform)
・SSP(supply side platform)
・第三者配信(3rd party ad server)
・リターゲティング(retargeting)
これらのキーワードについて理解出来ていないものがあれば、まずは調べてみましょう。

転職市場においてもアドテクノロジー関連の求人は増加傾向にあります。職種としては営業、エンジニア、プランナーがあります。採用企業としては広告代理店、アドテクノロジーベンダーが中心となっています。

IT・Web業界のその他の転職コラムIT・Web業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?