【初めて転職を考える皆さんへ】スケジュール管理編 by コンサルタントX

こんにちは、転職コンサルタントXです。
今回は転職活動におけるスケジュール管理についてお話をさせて頂きます。転職を成功させるためには、スケジュール立て、管理が非常に重要になります。

転職活動において考えるべきスケジュールは大きく分類すると
(1)活動そのものに裂ける時間
(2)第一志望企業の選考プロセス
(3)現職を退職可能な時期

の3つになると思います。

まず(1)活動そのものに裂ける時間について考えて見ましょう。
企業の面接は一部の例外を除いて平日に行われます。しかも圧倒的に日中の時間帯に行われます。更に最終面接(役員面接)は、ピンポイントで日時指定がされることもあります。5社も6社も同時並行で面接をする場合、週に2回や3回、休暇や早退をすることになりかねません。現職のケースでは、会社に転職活動していることを疑われるリスクは勿論、現職の仕事が中途半端になりしっかりと責任を果たせなくなるなどの状況に陥ってしまいます。業界や職種、これまでの経験との合致度によっても書類選考の通過率は変わってきますので、担当のキャリアコンサルタントと相談しながら応募する企業数を検討する必要があります。

次に(2)第一志望企業の選考プロセスについてですが、転職活動を行う場合には同時並行で複数の企業に応募するケースが一般的です。企業によって選考回数や選考に要する期間などにも差が出てしまいます。また、企業から内定を頂戴すると回答期限という問題が出てきます。この回答期限は1週間程度が一般的ですが、最近では3日以内など短いケースも出てきています。

第二志望の内定回答期限に、第一志望の最終面接結果が間に合わないというケースが多々あります。面接日程の段階である程度調整する必要がありますので、こちらも担当キャリアコンサルタントと応募中企業の優先順位や状況をしっかり共有しましょう!

最後に(3)現職を退職可能な時期についてお話します。通常の企業は内定後1ヶ月、どんなに長くても2ヶ月以内の入社を希望されます。2ヶ月以上になった場合には、折角苦労して獲得した内定企業への
入社をあきらめざるを得ないということもございます。一般的な企業の就業規則や引継ぎに要する期間を考えた場合には2ヶ月あれば十分ですが、技術者で現在のプロジェクトの都合などからどうしても時期に誓約条件がある場合には事前に担当キャリアコンサルタントに相談しておきましょう。

関西エリアのその他の転職コラム関西エリアの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?