関西エリアの求人状況・求人推移について

今回は関西エリアの求人状況と2013年と比較した求人の推移についてご紹介します。※パソナキャリアに寄せられている求人を元に算出しています。

まず、2014年4月時点での関西エリアの業界別の求人状況です。

関西エリア_業界別求人状況全国と比較すると、メーカーの求人の比率が多いことがわかります。全国ではメーカーの求人比率は29.3%に対し、関西では42.7%がメーカー系の求人です。また、全国では、業界別に見ると「メーカー」「IT・通信」「メディカル業界」の順で求人の比率が高いのですが、関西では「メーカー」「メディカル業界」「IT・通信」の順となっており、大きなくくりでものづくりに関する業界の求人が多い結果となりました。

2013年度は景気も回復し、アベノミクスの影響もあって転職市場は求人の増加率が高い1年であったとされています。業界ごとに、2013年4月時点の求人数を「1」とした場合の、求人の増加率を見たところ、全国では求人の増加率は1.2倍であったのに対し、関西では1.26倍と高い増加率となっています。

関西エリア_求人推移一番増加率の高い業界は「不動産・建設・土木」業界で、全国でも1.94倍、関西エリアでは2.08倍となりました。2014年の4月の増税に向けた住宅ニーズの増加への対応などもあり、不動産・建設・土木業界では高い増加率を見せています。職種でみると、このうち「施工管理」など、建設時に必要となる職種のニーズが高くなっています。

続いて、「サービス関連」「コンサルティング業界」「商社」での増加率が高い状況です。11業界中8業界が昨年に比べて求人が増加しているという、企業の採用ニーズの高い状況は続いています。

採用ニーズが高い際には、企業側もなかなか採用ができず売り手市場となるため、自分の希望を叶えた転職の可能性も高くなります。まずはどんな求人のニーズが高くなっているのか、どんなスキルがあれば応募できるのか、など、転職についてのお悩みがあれば、ぜひこのタイミングにご相談ください。

関西エリアのその他の転職コラム関西エリアの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?