転職における年齢制限の考え方

転職の求人において、年齢制限を設けることはできるのは一部の例外だけ、というのが法律ではうたわれています。しかし、「転職ができるのは35歳まで」といった35歳転職限界説というものがまことしやかに語られています。それはなぜなのでしょうか。転職における年齢の壁の実情と、それを乗り越えるためのポイントを紹介します。

<ポイント>
●年齢の壁は乗り越えられる
●必要なスキルを確保しよう
●転職エージェントでチャンスが倍増

見えない転職の年齢の壁と現状

2007年に雇用対策法が改正され、求人、採用における年齢制限の禁止が義務化されました。法律上は年齢制限が認められるのは、合法的な理由がある例外の場合だけです。しかし、一般的には転職は「35歳転職限界説」がささやかれ、転職ができるのは35歳が限界であるかのように考えられてきました。

しかし、最近では状況が変化し、「35歳転職限界説」が崩壊してきていると言われています。転職者の年齢が上がっていることの理由には、即戦力のニーズが高まっていることがあげられます。背景には、ビジネスのグローバル化をはじめ、IT化の促進などで、企業が事業スピードを加速するために、十分なスキルを備えた経験者を求めてきていることがあります。

必要なスキルとは

それでは、企業が求める人材とはどういったスキルを兼ね備えた人なのでしょうか。即戦力として、年齢を超えて経験や実績を積んでいることがポイントとなります。

具体的には、専門知識やスキルと経験であり、応用力も兼ね備えていることが重要です。それらに加え、専門的分野の資格やマネージメント経験があれば強いでしょう。また、社内の環境に柔軟に対応する、柔軟性も必要です。

転職エージェントを活用

35歳以上の人であれば、転職サービスを利用することで、より応募のチャンスは広がります。転職支援サービスの求人情報には一般に募集していない、非公募の求人が多く、競争率も登録者に限られるため、比較的低いという利点もあります。また、転職エージェントは、登録者の経歴とスキル、希望も把握していて、その希望とスキルに合った案件を紹介してくれることも大きな利点でしょう。

転職エージェントは、年齢やスキルに若干の不安がある場合も登録者の特徴を説明し、企業側へアピールしてくれるといった利点もあります。自分の強みやスキルをアピールして、エージェントをうまく活用してチャンスを広げましょう。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?