転職エージェントは転職活動の強力な味方!上手な活用が成功のカギ

転職活動を始めるとき、多くの人がまず転職サイトに登録して求人情報を探すでしょう。しかし、転職サイトに登録すれば、自然と転職先が見つかるわけではありません。希望する条件に合った求人の検索、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策、スケジュール調整などはすべて自分で行う必要があります。 仕事をしながら空いた時間でこれらすべてをこなすとなると、なかなか大変です。 そこでおすすめしたいのが、「転職エージェント」です。転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるため、忙しいビジネスパーソンだけでなく、転職活動の方法がよくわからないという人にもおすすめです。 今回は、転職エージェントと転職サイトの違い、転職エージェントを活用した転職活動の進め方とコツについてご紹介します。

<目次>
1. 転職エージェントとは?
2. 転職エージェントと転職サイトの違い
3. 転職エージェントでの転職活動の流れ
4. 転職エージェント活用のコツ
5. 転職エージェントをうまく活用して満足する転職を

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーがそれぞれの求職者に合った求人を紹介してくれるサービスです。転職活動の初期から面接対策、応募先企業との交渉、内定、入社後の対応までフォローがあり、初めての転職でも安心できるサポートが魅力です。

転職エージェントでは、求職者に代わって求人の検索や応募、面接のセッティング、内定後の入社日の調整、給与に関する代理交渉など、企業とのやり取りをすべて行います。担当のキャリアアドバイザーが求職者と面接して、希望する転職先の条件や職種、活用できるスキルなどをヒアリングし、マッチする企業をピックアップします。
求人の中には、転職サイトで一般公開されている求人情報のほかにも、特定の人だけが閲覧・応募できる非公開求人があります。転職エージェントを利用すると、非公開求人の紹介を受けられる点は大きなメリットです。

また、キャリアアドバイザーに自分のキャリアプランを相談できるだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策についてのアドバイスも受けられます。キャリアアドバイザーは通常、業界ごとに担当が分かれていて、各業界や企業に関する知識や情報が豊富です。そのため、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けることで、企業研究を効率的に行い、説得力のある志望動機を作成できるでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サービスという点は同じですが、転職エージェントと転職サイトでは、内容が大きく異なります。具体的な違いを見てみましょう。

●料金
利用料金は、転職エージェント、転職サイトともに無料です。こうした転職サービスは、企業からの掲載料や、採用が決まった際に企業から紹介手数料を受け取る等の仕組みになっているため、求職者がお金を払うことはありません。

●求人数
求人数は、転職サイトのほうが豊富です。企業側にとって転職サイトのメリットは、Web上で多くの人に見てもらえることです。そのため、企業は幅広く募集をかけたいときに転職サイトに求人を出す傾向があります。

また、求職者にとって求人数の多い転職サイトは、希望する業界や会社の求人情報を手軽に検索して、実際に自分で応募したり、業界全体の動向を把握したりするときに便利です。しかし、転職エージェントと違って、非公開求人の情報を知ることはできません。
そのため、本格的に転職活動を行いたい人は、転職サイトと転職エージェントの両方を活用するのが良いでしょう。

●応募方法
転職サイトは、自分で希望条件を入力して求人情報を検索し、興味のある求人が見つかったら応募をすることができます。空いた時間に応募できて、自分の好きなタイミングで転職活動を進められる点が特徴です。
一方、転職エージェントは、キャリアアドバイザーが自分のプロフィールや条件と合った求人を紹介してくれます。そのなかから応募したい企業を選び、履歴書や職務経歴書を作成してからキャリアアドバイザーを通じて応募します。面接の日程調整まで行ってくれるため、求職者は指定された日に面接会場に向かえばOKです。

転職エージェントでの転職活動の流れ

転職エージェントに登録後の転職活動の進め方について、実際の流れを基に説明します。

●転職カウンセリング
転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーから連絡がありますので、日程調整後に顔合わせを行い、転職に関するカウンセリングを受けます。遠方で行けなかったり仕事で多忙だったりするときは、カウンセリングを電話で行う場合もあります。かかる費用は交通費のみです。カウンセリングによって、自分では気づけない強みや長所、改善点などのアドバイスを受け、転職の方向性を決めます。

●条件やキャリアの方向性を明確にする
これまでの職歴やスキル、今後のキャリアプランを踏まえた上で希望条件を明確にし、自己PRのポイントを整理します。キャリアアドバイザーは面接官ではないので、転職活動の悩みや不安、譲れない条件などは正直に伝えましょう。履歴書や職務経歴書を持参すれば、よりスムーズに進められます。

●求人紹介・企業情報
カウンセリングの結果を基に、キャリアアドバイザーから条件に合った求人が紹介されます。早ければ、カウンセリング当日に紹介されることもありますが、後日、電話やメールで連絡が来る場合もあります。紹介された求人が希望に合わないときは、理由を伝えてほかの案件を紹介してもらいましょう。

●応募・推薦
応募したい求人が見つかれば、キャリアアドバイザーが応募を代行します。履歴書や職務経歴書については、応募企業ごとにアドバイスや添削を受けられます。また、推薦文の用意や、応募者を採用するメリットの説明などを企業に対して行ってくれる場合もあるため、一人で応募するより書類選考は通過しやすいでしょう。

●面接対策
書類選考通過後は、状況に応じて面接対策として模擬面接や面接試験対策サポートなどが行われます。面接の日程はスケジュールに合わせて調整してもらえるので、複数の面接が重なった場合や仕事が忙しい人でも安心です。
面接後には、企業からの評価ポイントのフィードバックもあるので、アドバイスの内容を参考に転職活動を進められます。

●内定
企業から内定がもらえると、転職エージェント経由で連絡があります。内定後は、引き続きキャリアアドバイザーが入社の手続きを進めてくれます。公的手続きから円満退職に関するアドバイス、スムーズな入社準備、入社後のフォローまでサポートが充実しています。

転職エージェント活用のコツ

転職活動を成功させるには、転職エージェントをうまく活用することがポイントです。

●転職エージェントを選ぶ
転職エージェントには「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」の2種類があります。
総合型転職エージェントは、大手の転職エージェントに多いタイプで、業界や職種を問わず幅広い案件を取り扱っています。取り扱っている求人数が多く、非公開求人も多数取り扱っていますので、転職サイトの求人検索では見つからなかった希望の求人が見つかる可能性も高いでしょう。
これに対し、特化型転職エージェントは、一つの業界・職種に特化することで、より専門性を高めているのが特徴です。例えば、IT・エンジニア、医療・製薬、不動産関連、アパレルなどに特化した転職エージェントがあります。
どちらのエージェントもそれぞれ特長があるので、それを理解し、うまく使い分けるのが転職活動成功への近道となるでしょう。

●キャリアアドバイザーとの信頼関係は必須
満足度の高い転職をするためにも、希望する仕事内容や職種、給与水準、勤務地域など譲れない条件はすべて正直に伝えましょう。転職エージェントを活用する際は、担当のキャリアアドバイザーと信頼関係を築くことが大切です。担当者との連絡はメールや電話などでこまめに行い、積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。定期的な面談などでキャリアアドバイザーと直接顔を合わせ、進捗状況の共有やアドバイスを求めることも効果的です。

ただし、注意点があります。
転職エージェントとは別に自分で応募した案件や、他社の転職エージェントから応募した案件があれば、必ず共有しましょう。応募が重複した場合、企業は決して良い印象を持ちません。キャリアアドバイザーには、すべての転職情報を報告することが大切です。

転職エージェントをうまく活用して満足する転職を

転職エージェントと転職サイト、どちらにも特長があります。効率的に転職活動を進めるためには、両者をうまく活用することがポイントです。「自分の希望する条件の案件になかなか出合えない」という人は、今使っている転職エージェント・転職サイトに加え、情報収集する先を増やしてみても良いでしょう。
なかでも、転職エージェントは面接日程の調整や面接対策だけでなく、最新の業界動向についても聞くことが可能です。自分ひとりで行うと大変な情報収集も、キャリアアドバイザーとコミュニケーションを取りながら効率的に進めることができます。幅広い情報収集をすることで納得のいく転職を実現しましょう。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?