スカウトサービスで転職の可能性を広げる!登録方法と上手な使い方

転職は、待遇や職場環境の改善だけでなく、自分の可能性を広げるチャンスでもあります。その半面、転職活動を進めるなかで、「今の会社よりも良い転職先を本当に見つけられるのか」「希望する転職先に採用されるには、どうすれば良いのか」などの不安や悩みを抱えることもあります。 そんなときに利用したいのが、転職サイトや転職エージェントの「スカウトサービス」です。 今回は、内定獲得への強い味方として活用できるスカウトサービスについて、メリットや登録方法、上手な活用のコツをご紹介します。

<目次>
1. スカウトサービスとは?
2. スカウトサービスのメリット
3. スカウトサービスの登録方法
4. スカウトサービスを上手に活用するコツ
5. スカウトサービスでキャリアの可能性を広げよう

スカウトサービスとは?

スカウトサービスとは、転職サイトや転職エージェントに自分の履歴書や職務経歴書を登録しておくと、企業の採用担当者や転職エージェントのキャリアアドバイザーからスカウトの連絡がもらえるサービスです。

「スカウト」と聞くと、専門職や役職の高い人だけが利用できるものと思いがちですが、高度なスキルや特別なキャリアは必要ありません。20代の若い人材や一般社員向けのスカウトも多数あり、社会人経験があれば誰でも利用できます。

●スカウトサービスの種類 スカウトサービスには、転職サイトのスカウトサービスと転職エージェントのスカウトサービスの2種類があります。 転職サイトのスカウトサービスでは、自分のプロフィールを匿名で公開し、それを見て興味を持った企業から直接オファーが届く仕組みです。オファーに対して応募の意思を示すと、書類選考が開始され、面接へと進みます。 一方、転職エージェントのスカウトサービスは、キャリアアドバイザーがプロフィールを基に希望条件に合った求人企業を探して紹介してくれるシステムです。

●こんな方におすすめ スカウトサービスは、自分で求人を探さなくても企業からオファーを受けることができます。そのため、在職中の人や求人を探す時間が十分に取れない人にもおすすめのサービスです。「すぐに転職したい」というほどでなくても、「希望に合う求人があれば話を聞いてみたい」という人でも登録可能です。 また、スカウトサービスは自分が求める条件や業種に限らず、予想もしていなかった企業からオファーを受けることもあります。客観的に自分に向いている仕事を知ることができるため、新しい業種・職種に挑戦したいという人にもおすすめです。

スカウトサービスのメリット

スカウトサービスのメリットをご紹介します。スカウトサービスは、転職活動を効率よく進めることに役立つでしょう。

●予期しない求人のオファーが受けられる スカウトサービスからのオファーには、一般公開されていない「非公開求人」や、スカウトメールを受信した人だけが求人情報を見られる「スカウト限定求人」などがあります。 自分で求人情報を検索したときには気づかなかった意外な業種や会社からスカウトされることもあり、その点も魅力です。

●キャリアを活かした転職が可能 スカウトサービスでは、求人を出している企業や転職エージェントが、求職者のスキルや職務経験などをチェックしたうえで、その会社で求めている人材をスカウトします。そのため、求職者にとっては、自分の市場価値を客観的に把握するのに役立ちます。

●転職活動がスムーズに進む 企業が求職者のプロフィールを見て、「この人に働いてほしい」「一度会ってみたい」と判断すれば、面接が確約されたオファーが届くことがあります。採用を前提とするものではありませんが、企業側からオファーを送っているため、選考がスムーズに進みやすいというメリットがあります。

●転職エージェントならではのメリット 求職者にとってキャリアアドバイザーは求人企業の紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、面接日を調整してくれたりと、転職活動をサポートしてくれる心強い存在でもあります。初めての転職は不安を感じやすいものですが、転職エージェントを利用すれば、安心して転職活動を行うことができるでしょう。 また、転職エージェントには、求人企業の採用を支援する役割もあります。そのため、求職者と企業のニーズをマッチさせ、お互いの転職活動・採用活動が納得いくものになるようベストを尽くしてくれます。

スカウトサービスの登録方法

スカウトサービスへの登録は簡単です。登録方法と登録後の流れをご説明します。

●プロフィールを登録 スカウトサービスを利用するには、氏名や職務経歴、具体的な仕事内容、希望条件、スキル、達成した成果などのプロフィールを登録します。プロフィールは企業に提出する履歴書と同じです。誤字・脱字や事実関係の間違いがないように注意しましょう。作成済みの履歴書や職務経歴書があればファイルをアップロードすることも可能です。

●企業からのスカウト プロフィール登録後の流れは、転職サイトと転職エージェントで少し異なります。 転職サイトのスカウトサービスでは、企業側がプロフィールを見て、経歴やスキルに興味をもった場合に、オファーのメールが求職者のところに届きます。 一方、転職エージェントの場合は、担当のキャリアアドバイザーが登録したプロフィールや経歴を基に希望に合う求人を探してくれます。希望条件にマッチした求人が見つかり次第、キャリアアドバイザーから連絡が来ます。 ただし、条件に合う求人が必ず見つかるとは限りません。すぐに求人が見つからないときは、連絡がなかなか来ないこともあります。

スカウトサービスを上手に活用するコツ

希望する業界や会社への転職を実現するため、スカウトサービスを上手に活用しましょう。

●プロフィールは詳しく記入する プロフィールは、履歴書にあたる重要なものです。プロフィールを見た採用担当者に興味を持ってもらえるよう、経歴や条件は詳細に登録しておきましょう。 スカウトサービスは、求職者と求人企業を結びつける便利なサービスですが、登録すればオファーが必ず来るというものではありません。登録だけで満足せず、たくさんの企業からオファーを受けるためにもプロフィールを充実させましょう。

●興味があればまず返信する 企業側は経歴が似ているたくさんの求職者に同じ内容のスカウトメールを送っていることがあります。メールに記載されている募集要項を見て、その企業に少しでも興味があれば、まずは返信して、面談で詳細を聞くことをおすすめします。 スカウトメールは、必ず返信しなければならないというものではなく、返信したからといって、すぐに採用されるわけでもありません。そのため、返信したり面接を受けたりすることに不安を持たなくても大丈夫です。

●将来のビジョンをアピール 企業とのやりとりは、スカウトメールに返信することから始まります。オファーのお礼や、なぜその企業に興味を持ったのかなどをメールの文面に盛り込むと良いでしょう。 また、求人企業はある程度の経歴やスキルをプロフィールで把握しています。経歴を再度アピールするよりも、「仕事に対する意気込み」や「その企業に対する適性」「これからのビジョン」などプロフィールだけではわからない内容を伝えましょう。

スカウトサービスでキャリアの可能性を広げよう

初めて転職する人や年齢を重ねた人は、自分の市場価値を低く見積もってしまいがちです。しかし、スカウトサービスを利用すると、自分のスキルが思った以上に高く評価されたり、意外な企業からオファーを受けたりすることがあります。 パソナキャリアでは、キャリアアドバイザーが経歴や希望の条件を基に、案件の提案をしています。スカウトサービスを活用して、さらにキャリアの可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

パソナキャリアのスカウトサービスはこちらから

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?