Uターン転職を決断するきっかけと成功するためのポイント

Uターン転職とは、生まれ育った故郷を離れて仕事をしている人が、会社を辞め、また地元に戻って就職することです。東京や大阪など都市部で働いていた人が出身地の地方に帰って、地元企業で就職するというケースが代表例です。
地方で生活すると、住居費などのコストを抑えられたり、通勤ラッシュから解放されたりといったメリットがあります。
ただし、実際にUターン転職を検討するとなると、都会に比べて求人数が少ないため、信頼できる転職エージェントを活用するなど効率的に転職活動を進める必要があります。
今回はUターン転職を検討している人に向けて、転職活動のポイントを中心にご紹介します。

<目次>
1. Uターン転職と一般的な転職の違い
2. Uターン転職のきっかけ
3. 地方で働くことの魅力
4. Uターン転職を希望する際のポイント 5. Uターン転職も転職エージェントの活用がおすすめ

Uターン転職と一般的な転職の違い

知っているようで意外と知らない「Uターン転職」と一般的な転職の違い。「Iターン転職」「Jターン転職」と併せて、それぞれの違いを解説します。

●Uターン転職とは?
Uターン転職とは、出身地を離れて都市部などで仕事をしていた人が、再び出身地に帰って就職することを指します。地元での生活になるため、家族や友人が近くにいたり、自分も土地勘をもっていたりして、暮らしやすいのがメリットです。

●Iターン転職とは?
Iターン転職は、主に都会で生まれてそのまま都心で働いていた人が、地方にある企業に就職することです。新たな環境に生活拠点を移すため、人生の大きな転換点となります。

●Jターン転職とは?
出身地を離れて都会などで仕事をしていた人が、地元とは異なる地方で就職することをJターン転職といいます。Iターンと同じく新たな土地での生活となるため、住環境や近隣の様子を、転職を決める前に確認することが大切です。

●一般的な転職との違い
転職とは仕事を変えることですが、Uターン転職、Iターン転職、Jターン転職をすると、仕事だけでなくライフスタイル全体が大きく変わることになります。
例えば、都会では電車通勤をする人の姿が多く見られますが、地方では電車よりマイカー通勤のほうが多い街もたくさんあります。ほかにも、コンビニまで都会では歩いて行けたのに、地方では車がないと苦労するということも珍しくありません。

また、既婚者の場合は、単身赴任の場合を除き、家族も一緒に移住することになります。配偶者の仕事や子どもの学校、進学などにも影響が及ぶため、家族全員が新しい生活環境に適応する必要があります。

Uターン転職のきっかけ

Uターン転職に踏み切るきっかけは人それぞれです。決断のきっかけになりやすい主な事例をお伝えします。

●家庭の事情
家族と一定期間離れて生活をした結果、やはり一緒に過ごしたいという思いが強くなったというケースです。
結婚を機に親と同居をする、もしくは実家近くに住まいを構えようとして地元を選ぶ人もいますし、年齢を重ねるうちに親の介護などの必要性が生じUターンする人もいます。

●生活環境の見直し
「都会の生活が合わなかった」「慣れ親しんだ地元で生活がしたい」「子どもには自然のなかでのびのび育ってほしい」など、生活環境を見直したいという思いが転職のきっかけになるケースです。
地方は住居費や食費が都会よりも抑えられるケースが多いため、将来のことを考えてUターン転職という選択肢を選ぶ人もいます。

●キャリアチェンジ
都会で働いてキャリアを積んだので、地元でも同じ仕事ができると考えてUターン転職に踏み切る人もいます。優秀な人材確保を目的として、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡など地方都市にある企業が「Uターン歓迎」を掲げているケースも見られます。

また、人事異動がきっかけになることもあります。例えば、地方への異動を打診されたことをきっかけに、「知らない街に行くより地元に戻りたい」と考えて、Uターン転職をするケースです。

地方で働くことの魅力

地方には、都会とは異なる魅力があります。ライフスタイルや人生設計を変えてでも実現したい、地方勤務のメリットをご紹介します。

●自然に囲まれたゆとりある環境
場所にもよりますが、都会と違って自然が身近にあり、空気や水がきれいな点は、地方がもつ魅力の一つです。また、オフィスや住宅のつくりにゆとりがある、どこに出かけても都会ほど混雑していないなど、環境ストレスが少ない点もメリットです。

●通勤ラッシュからの解放
都会で働くと朝も夜も、通勤ラッシュは避けられません。その点、地方では自動車通勤が可能な職場もたくさんあります。もちろん、道路が混雑することもありますが、満員電車に乗って毎日通勤するよりは心身のストレスが軽いでしょう。ただし、通勤に自動車が必要な会社へ転職をする場合は、自家用車の購入や駐車場の確保が必要になることを念頭に置いてください。

●生活コストの削減
地方は都会よりも平均的に物価が安く、生活費を抑えることが可能です。家やマンションについても、購入か賃貸かを問わず、予算は都会より大幅に抑えられるでしょう。
その半面、給料が下がる可能性もあります。Uターン転職する土地の給与相場や、転職先の年収について事前によく調べ、転職してから後悔しないようにしましょう。

Uターン転職を希望する際のポイント

Uターン転職で内定を獲得し、地方での就職を実現するためにはどのような点に注意して転職活動を行えばいいのでしょうか。何をしたらいいのか具体的に紹介します。

●志望動機を明確にする
一般的な転職と同じように、志望動機を明確にすることが大切です。その際、注意すべき点は「地元に戻りたいから」だけではUターン転職の志望動機として弱いということです。 志望動機の軸は、「自分のスキルや経験を地元企業で活かしたい」「地元企業のなかでも業界屈指の技術力を誇る貴社で自分のスキルや能力を試したい」「地域活性化に貢献したい」など、熱意を感じさせやすいものにしましょう。熱意に「なぜその会社を志望するのか?」という点を加えるのが効果的です。

例えば、「食品会社の営業職で培った経験を、地元の海産物の販路拡大に活かしたい」「WebサイトのSEO対策を担当した学んだノウハウを基に、Webコンサルタントとして地元企業のWebサイトを改善したり、リスティング広告を担当したい」など、これまでのキャリアを生かしつつ、仕事内容の拡大を意識した志望動機を作成するのが良いでしょう。

●求人情報を見逃さないように常にチェックする
地方の求人数は都会に比べて少ないのが現実です。希望の職種や待遇になるべく近い条件で転職できるように、情報はこまめにチェックしましょう。気になる求人を見つけたらすぐに応募するなど、早めの行動を意識することがUターン転職成功の基本です。
求人情報を探す場合は、転職エージェントや転職サイトを活用することはもちろん、地元の求人誌や地元紙の求人情報なども入手できると役に立ちます。家族や親戚、親しい友人などに、地元の求人情報のチェックをお願いしてみても良いかもしれません。

●地方の求人に強い転職エージェントに相談する
Uターン転職でも、転職エージェントを活用することで効率的な転職活動が可能になります。
転職希望者が面接を受ける際に、企業側が1次面接の交通費を負担することはほとんどありません。Uターン転職希望者は自分で費用を用意して、面接が行われる地方まで移動することになります。
その点、転職エージェントに相談すれば、1日に複数の地元企業の面接を受けられるよう調整を頼むことも可能です。できる限り地元への移動回数を減らし、交通費と時間の節約をすることで、転職活動の負担も軽減することができます。

転職エージェントを活用してUターン転職を効率的に進めよう

Uターン転職には、生まれ育った地元で働き、地元に貢献できるという魅力があります。さらに、都心よりも経済的な負担が減って暮らしやすくなる点もメリットです。
しかし、地元に帰って就職したいと考えても、求人数や職種の少なさから、なかなか転職が決まらないこともあります。本気でUターン転職を考えている人は、地元に強い転職エージェントに登録して相談したり、地元企業の求人情報をこまめにチェックしたりといった取り組みを継続することが大切です。あきらめずに努力を続ければ、きっとUターン転職を成功させられるでしょう。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?