「転職する勇気が出ない」。そんなときに考えたい自分の理想の働き方

転職したいと思っても、なかなか勇気が出ないことは誰にでもあります。
転職を考える理由は「キャリアアップしたい」「仕事の幅を広げたい」というキャリア志向に基づくものから、「今の仕事や給料に不満がある」「職場の人間関係に悩みがある」という不満解消を目的としたものまでさまざまです。いずれの場合も、何の迷いもなくすぐに転職に踏み切れる人は少なく、転職を決断するまでにはいろいろな葛藤に悩まされます。
では、転職を決断し、実際の行動に移すにはどうすれば良いのでしょうか。
今回は転職を迷っている人に向けて、転職をする勇気が出る考え方をご紹介します。

<目次>
1. 転職を迷う理由とは?
2. 転職したい原因を見直す
3. 「やっぱり転職したい!」と思ったときにすべきこと
4. 転職を後悔しないための考え方
5. 転職までのロードマップを作成しよう

転職を迷う理由とは?

転職を迷う理由は、何かしらの不安要素があるケースがほとんどです。
では、転職を検討する人はどのようなことを不安に思うのでしょうか。

●現在の仕事を辞める不安
よほど不満を抱え込んでいないかぎり、現在の仕事を辞めるのは不安なものです。収入がダウンしないか、ダウンしても生活できるか、身に付けたスキルや人脈を次の仕事に役立てられるか、転職先でうまくやれるかなど、さまざまな不安が頭をよぎります。
また、現在の会社を辞めたい気持ちが強くても、これから何をしたいのかが決まっていないというケースもあります。この場合は、転職に向けた明確な道筋が見えないため、漠然とした不安に襲われる傾向が見られます。

●転職先が見つからなかった場合の不安
現在の会社を退職するのは、転職が決まってからにするのが理想的です。ただ、仕事の都合などでどうしても在職中に転職先を決めるのが難しく、実際に動けるのは退職後というケースもあります。

退職後に転職活動をすると、収入のない期間が生じます。その場合、「貯金が底をつくかもしれない」「生活できなくなるかもしれない」という不安が常に付いてまわります。 失業保険をあてにしているかもしれませんが、「自己都合退職」の場合、1回目の支給日まで約4カ月かかります。この間は無収入となりますので、退職前に転職活動費用を貯めておく、もしくはアルバイトをしながら転職活動を行う必要性が生じてきます。転職活動中は、生活費のほかに交通費などもかかります。転職活動費や生活費、交通費などを捻出できるのかという不安を抱え、行動に移せない人も多くいます。

●転職しても問題が解決しないことへの不安
現在勤めている会社より良い転職先が本当に見つかるのかという不安を抱く人もいます。
例えば、「上司や同僚と合わない」など人間関係の問題が転職理由の場合、「転職先の上司や同僚とまた合わないかもしれない」と不安に感じる人もいるでしょう。
ほかにも長時間労働の職場から逃げ出したくて転職を考えている場合、「転職先でも残業や休日出勤が頻繁にあったらどうしよう」と思い悩んだりするものです。
このように「転職したら、本当に現状が変わるのだろうか」という漠然とした不安が転職への決断を妨げることがあります。

転職したい原因を見直す

転職には、自分の置かれた現状を大きく変える力があります。それだけに不安は付きものですが、「なぜ転職したいのか」という原因を自分のなかで明確にすることで、不安が少しずつ払拭され、実際の行動に移る勇気が湧いてきます。原因を明確にするにあたり、考えるべきポイントをご紹介します。

●今の仕事を辞めたい理由
「転職したい」と思う理由を箇条書きで書き出してみましょう。今の仕事を辞めたい理由がはっきりすると、転職先に求める条件が明確になると同時に、不安解消の糸口が見えてきます。例を挙げますので、まとめる際の参考にしてください。

<転職したい理由と転職先選びの例>
・給料が安い→収入アップを実現できる会社
・休みが取りにくい→土日祝だけでなく、夏休みなどの長期休暇が取れる会社
・上司や同僚と合わず、人間関係がつらい→社員同士がフラットな関係性を育める会社
・会社や業界の将来性が不安→成長性が期待できる業界、会社
・仕事が好きになれない→自己分析をしたり、職業適性診断などを受けたりして転職する業種を判断

●転職しないほうが良い場合もある
辞めたい理由がはっきりすると、客観的な状況判断に役立ちます。そのうえで本当に転職する必要があるのか、冷静に見極めましょう。
例えば、「給料が安い」を理由に挙げたものの、競合他社の水準を調べたところ、自社と変わらなかったとします。その場合、転職しても「給料が安い」という不満を解決することにはつながりません。
また、人間関係がつらくて転職を考えている人は、他部署への異動で問題解決できる可能性もあります。異動が実現できるなら、転職する必要性はないことになります。

「やっぱり転職したい!」と思ったときにすべきこと

転職したい原因を見直したうえで、それでも「転職したい!」と思うようであれば、早速準備を始めましょう。具体的に、どのような準備をする必要があるのでしょうか。ここでは3つのポイントをご紹介します。

●転職活動の計画を立てる
漠然とした不安を解消するために、まずは計画を立てましょう。最初に計画を立て、いつまでに何をすべきかゴールまでのロードマップを明確にしておけば、迷いが生じる隙を与えません。
いつまでに内定を獲得するか目標とする時期を設定すると、転職活動を始めるタイミング、現職を退職するスケジュール、それまでに解決する必要がある問題点などが明確に見えてきます。退職後すぐに転職先へ入社できる日程を組めれば、収入のない期間の発生を防ぎ、金銭面の不安も解消されます。

●キャリアの棚卸しをする
これまでのキャリアやスキルを整理し自己分析を行うと、履歴書や職務経歴書の作成、面接の際に役立ちます。現職や前職で手掛けたプロジェクト、身に付けたスキル、実績などから、応募するポジションに関連付けてアピールできるものがないかを考えてみましょう。語学や業務関連の資格は、取得した年月の確認も大切です。

●転職先に求める条件を考える
上で説明した「今の仕事を辞めたい理由」を基に、転職先に求める条件を明確にしましょう。そうすることで、不安が軽減されるだけでなく、面接での受け答えもスムーズになります。
例えば「仕事内容に不満がある」場合、「大学で統計学を学び、分析業務を志望して現在のマーケティング会社に入社したのに、営業部に配属になった。自分は分析業務について引き続き勉強を続けており、分析業務ができる会社に転職したい」といったように希望条件が明確になれば、業界を問わず、分析業務のポジションを募集している会社をピックアップして、興味のある会社に次々応募することもできます。
面接で志望動機を聞かれた際は、「なぜその会社を志望するのか」「その会社で成果を出せると考える根拠は何か」を説明する必要がありますが、それもあらかじめ転職先に求める条件を考えておくことで、容易に説明できるでしょう。

転職を後悔しないための考え方

転職を決断しても、「本当にこのまま進めてもいいのか」「転職する判断は正しいのか」などと悩むことがあるでしょう。ここでは、転職活動に迷ったときの考え方や具体的な行動のとり方についてアドバイスします。

●ネガティブな考え方をポジティブに変える
「人間関係がつらい」「仕事が自分に向いていない」などが転職をしたい理由の場合、考え方を変えないと、転職先でもまた同じ結果になって後悔することになりかねません。
「とにかく仕事を変えたい」「今の職場から離れたい」と考えるだけでなく、「商品開発の仕事を極めたい」「クライアント先への常駐ではなく、社内SEになりたい」などポジティブな動機を考えてみましょう。
一見ネガティブな「給料の安さ」といったような不満も、「キャリアアップして給料アップを実現したい」といったようにポジティブな視点に変えることが大切です。

●転職エージェントを利用するのも一つの手
「転職する勇気が出ない」「自分の判断が正しいのか不安だ」という場合は、転職エージェントに一度相談してみるのも良いでしょう。
転職エージェントに相談したからといって、すぐに転職活動をしなければならないわけではありません。
キャリアアドバイザーには、現在の職場への不満、今後のキャリアプランへの迷いなども相談できます。転職のプロから、業界の現状や競合他社での働き方、今後のキャリアプランの描き方などのアドバイスを受ければ、不安や悩みを解消するきっかけになるでしょう。

転職までのロードマップを作成しよう

転職は人生を大きく変える可能性がある決断。それだけに、勇気が必要でしょう。
しかし、思い切って一歩踏み出すことで、現状以上に満足できる職場環境や待遇を手に入れられる可能性もありますし、キャリアアップできる可能性もあります。
転職に対する漠然とした不安や悩みを抱えている人は、「転職成功」というゴールまでのロードマップを作ってみてはどうでしょうか。「今何をすべきか」が明確になれば、勇気が湧いて具体的な行動に移せるはずです。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?