同業他社への転職はできない?競業避止義務と転職時の注意点

現職の会社では自分が望むキャリアアップが難しいと感じたとき、これまでの経験やスキルを活かして同業他社への転職を考える人は多いでしょう。転職前と同じ職種であれば、経験を活かせるだけでなく、今よりも良いポジションで採用してもらえるかもしれません。
しかし、同業他社への転職には、法律上や倫理上の問題も含まれてくるため、注意すべき点もあります。
この記事では、転職活動を始める前に知っておきたい「競業避止義務」のほか、同業他社への転職のメリット、気を付けるべき点などをご紹介します。

<目次>
1. 競業避止義務とは?
2. 法律上は自由に転職可能
3. 同業他社へ転職するメリット
4. 同業他社への転職で気を付けること
5. 同業他社への転職はモラルを守ることが大切

競業避止義務とは?

入社時や退職の際に、会社から「◯年間は同業他社に転職しない」といった「競業避止義務」に関する誓約書への署名を求められることがあります。

競業避止義務とは、従業員が在職中に兼業したり、退職後に競業行為を行ったりすることを禁止するものです。機密情報を知っている従業員によって競合企業に情報が漏れたり、元従業員が在職中に得たノウハウを使って起業し、同業界で事業を始めたりすることで、企業が損害を受けないように規定されています。

ここでいう「情報」とは、調べれば誰でもわかるような内容ではなく、会社内部の人間しか知り得ない、企業機密として取り扱われている独自の技術やデータなどが該当します。機密情報が競合の会社に漏れれば、自社のビジネスプランを大きく変更する必要性が生じ、企業は損害を被ります。そのため、企業で機密情報を扱う役職に就いている人や、役員および事業部長クラスの人などに課されることが多い規定です。

一般の従業員も無関係ではありません。就業規則の中で「競業避止義務規定」が定められていたり、入社時の誓約書に記載されていたりする場合、役職に就いていなくても規定の対象となります。

法律上は自由に転職可能

入社時に競業避止義務規定に関する誓約書への署名を求められたとき、いずれ同業他社への転職を考えているのであれば、サインをするのに戸惑うでしょう。しかし、サインしたからといって同業他社への転職が絶対にできないというわけではありません。

●職業選択の自由
日本は、日本国憲法第22条で「職業選択の自由」が保障されています。そのため、競業避止義務規定があっても、同業他社に転職することはできます。 実際に競業避止義務規定が設定されていても、前職の会社が営業上で不利益を被らなければ、基本的には従業員がビジネスで競合する会社へ転職してもほとんど問題になることはありません。つまり、競業避止義務規定は、元従業員が自社の機密情報を漏らさないための抑止力として定められているということです。

●会社に訴えられる可能性はある?
しかし、競業避止義務規定は効力が低いというわけではありません。実際に、転職先での活動が原因となり、以前勤めていた会社に訴えられた事例もあります。判例によると、競業避止義務規定違反として訴訟になるのは、元従業員による機密情報の漏洩などで、前職の会社に大きな損害が生じたケースです。 裁判では、元従業員による機密情報の漏洩と、前職の会社が実損を被ったことの因果関係が認定された場合のみ、競業行為の差し止めや損害賠償、退職金の返還などの請求が行われています。

●常識的なモラルを守る
一般的には競業避止義務規定があっても、社会人としてのモラルを守っていれば裁判にまで発展するような事態にはならないと考えていいでしょう。たとえば、前職の会社の機密情報を利用して転職先の会社の利益を大きく伸ばし、前職の会社に大きな損害を与えるようなモラル違反をしない限り、規定違反で問題となる可能性は低いと言えます。

同業他社へ転職するメリット

競業避止義務規定が定められていても、同業他社へ転職しようと考えるのはメリットがあるからです。同業他社を目指すことが、転職の近道であるとも言えます。

●即戦力になれる
同業他社であれば、これまでの経験と知識を活かして転職することができます。すでにノウハウが身に付いているため仕事を覚えやすく、新たな環境でもすぐに活躍できるでしょう。業種が同じであれば、細かなプロセスが前職の会社と異なっていても、業務内容自体は似ているケースが多く、スキルや経験を活かして仕事に早く慣れることができます。 また、同業他社であれば、転職時に前職の状況をもとに待遇を交渉しやすく、実績が優れていれば年収アップも期待できるでしょう。

●転職先が決まりやすい
同業他社をターゲットに転職活動を行うと、転職先が決まりやすい傾向にあります。すでに業界理解があるため、志望動機に具体性をもたせやすく、採用担当者の良いアピールができるからです。 中途採用で求められるのは、即戦力です。採用側の企業は、育成にかけるコストが少なく、すぐに第一線で活躍できる応募者を歓迎します。そのため企業にとっても、即戦力となる可能性の高い、同業での経験者は魅力的です。

同業他社への転職で気を付けること

同業他社への転職は応募者にたくさんのメリットがありますが、退職にあたっては在職中の職場に十分な配慮が必要です。できるだけ円満退社を目指しましょう。

●転職先を伝える必要はない
在職中の企業に転職先について無理に隠す必要はありません。しかし、あえて詳しく伝えなくても問題にはならないので、同業他社に転職する場合は特に、会社名などは知らせないほうが良いでしょう。転職先企業の社名を伝えると、必要以上に引き留められたり、退職願の受け取りを拒否されたり、モラルを問われたりして辞めづらくなることがあります。

●誓約書にサインする前に確認する
退職時に誓約書への署名を求められたら、競業避止義務に関する事項がないかを確認しましょう。同業他社へ転職するなら、誓約書への署名を断ることもできます。 ただし、円満退職を目指すなら、署名の拒否は心証を悪くする可能性があるため、競業避止義務規定の内容範囲を検討してもらうように会社へ働きかけるのもひとつの手です。同業他社への再就職を制限する期間を短くしたり、活動場所の制限を狭めたりするなど、話し合いの余地があるかもしれません。何も意思表示をせずにそのまま署名をすると、「競業避止義務に積極的合意があった」と判断され、後々不利になることがあります。

●円満退職を目指す
同じ業界で働き続けるのであれば、今後も元上司や元同僚とどこかで接点が出てくるかもしれません。転職先の企業名を聞かれて拒みにくいときは正直に伝え、退職する理由をはっきりと答えましょう。お世話になった会社や仕事に対する不平不満を述べるのでなく、転職先の企業ならではの環境でキャリアを築きたいといった前向きな理由を真摯に伝えれば、理解されて円満な関係を築き続けることができるでしょう。

同業他社への転職はモラルを守ることが大切

同業他社への転職は慎重に行う必要があります。せっかく育てた人材とノウハウが競合の会社へと渡ることになるため、対応の仕方によっては在職中の会社との関係性が悪化することもあり得ます。 しかし、さらなるキャリアアップや、より良い待遇を求めるなら、同業他社への転職は近道になる可能性もあります。今までお世話になった会社に対して感謝の気持ちを示しつつ、競業避止義務規定に注意をすれば、転職しても大きな問題にはならないはずです。社会人として常識的な行動をとり、転職活動を成功させましょう。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?