製造業界の業種・職種別年収

「自分の年収が市場と比較してどのくらいのポジションにいるのか」「同じ製造業の中でも業界によって平均年収は違うのだろうか」と、年収について気になる方も多いのではないでしょうか。

今回、パソナキャリアでは製造業界の業種別の平均年収と、各業種の中での職種別の平均年収推移を算出しました。ご自身のキャリアプランを考える中で参考としてください。

■製造業界の業種別の平均年収

製造業全体での平均年収は550万円となりました。業種別で見ると、電気・電子業界、化学・材料・エネルギー業界、機械・プラント設備業界の順となりました。

製造業_業種別平均年収【化学・材料・エネルギー業界】

平均年収の高い職種は「企画関連」「マーケティング関連」「海外関連」となりました。平均年収の低い職種は秘書・アシスタント、購買・物流・生産管理、営業関連と続いています。

化学・材料・エネルギー業界_平均年収【機械・プラント設備】

平均年収の高い職種は「企画関連」「海外関連」「マーケティング関連」となりました。平均年収の低い職種は「秘書・アシスタント」「購買・物流・生産管理」「ものづくりエンジニア」と続いています。

企画関連職種では、業種別に見ると一番高い平均年収水準にあります。

機械・プラント設備業界_平均年収【電気・電子業界】

平均年収の高い職種は「企画関連」「海外関連」「マーケティング関連」となりました。平均年収の低い職種は「秘書・アシスタント」「購買・物流・生産管理」「ものづくりエンジニア」と続いています。

電気・電子業界は製造業界の中でも年収が高い傾向にあり、海外関連、マーケティング関連の平均年収は高い水準にあります。

電気・電子業界_平均年収

【調査の概要】

・調査対象 パソナキャリアに転職支援サポートをお申し込みいただいた転職希望者の方のうち製造業界に在籍している25~59歳を対象

・調査期間 2012年7月1日~2013年6月30日

ものづくり業界のその他の転職コラムものづくり業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?