エンジニアが英語を学ぶためのたった3つの方法

前回、エンジニアと英語力に関するコラムを書きました。今回も引き続き、「英語」に関するコラムです。

突然、あなたの上司が外国人になったらどうしますか・・・?

コミュニケーションをとるには、何が何でも英語を話せるようにならないといけませんね。もしかしたら、そういう状況下におかれた方が英語を学ぶのかもしれません。と言っても、人事担当者の見方としては、「TOEICのスコア」よりも「職務での英語使用経験」のほうが重視される傾向にあるようです。その職務で使用する専門用語や業界特有の用語があるためです。

上記状況を踏まえ、今からできる英語学習方法を挙げてみました。

・会社に外国籍の方がいれば、積極的に英語で話しかけてみる
・会社によっては語学学習の補助制度がありますので、それを利用してみる
・製品マニュアルや取扱説明書の英語版を読んでみる

英語に触れる環境あるいは英語を使用せざるを得ない環境をつくらないと、なかなか英語を学ぼうという状況になりにくいのも現状です。

まずは抵抗のないものから始めて、英語に対する障壁を下げてみませんか。今年の年末年始は例年よりも長いと言われています。年末年始休暇を利用して、「英語力がないと、今後エンジニアとして活躍は難しい」なんて言われても焦らない状況作りを始めておきたいものです。

ものづくり業界のその他の転職コラムものづくり業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?