自動車にAndroidが搭載。車はどうなる?

Google とホンダをはじめとする自動車メーカー4社(Audi、GM、現代自動車グループ(ヒュンダイ)) 、NVIDIAの計6社が、自動車への Androidプラットフォーム統合を目指す業界団体 Open Automotive Alliance (OAA)の結成を発表しました。OAAは、「技術革新を加速を目的とし、既に開発されたAndroidの開発モデルや共通プラットフォームを活用することで、自動車技術をすべての人にとって、より安全かつ直感的なものとするための共通プラットフォームの構築に取り組む」としています。

このコラムでも未来の自動車について触れたことがありますが、自動車にAndroidが搭載されるとどうなるのでしょう。
・声で道案内が可能(Appleがすでに発表済み)
・自動運転装置による安全で適正な運転の実施
・自動車そのもののプラットフォーム化
などでしょうか。きっともっと未来的な機能もあるのかもしれません。
サービスの内容や発表時期は各社異なるようですが、2014年末には何らかの形で登場する見込みがありそうです。
どんな技術が出てくるのか、楽しみですね。そもそも走行中に携帯を見る行為はなくなりそうです。
技術の革新、発展の裏には異業界からのエンジニアの採用や活用があります。今後も自動車業界から目が離せません。

ものづくり業界のその他の転職コラムものづくり業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?