管理部門
2014.02.26

「情報」に耳を傾け、王道を知ることが転職活動の第一歩

最近は、テレビや雑誌でも「40代の転職」がとりあげられることも多くなりました。以前は転職の35歳限界説など年齢を重ねると転職は難しくなるといわれることもありましたが、40代での転職も可能なのが現在の転職市場です。とはいえ、今までひとつの会社で働いていた方の場合、転職活動のはじめ方がわからない方も多いでしょう。

転職活動にはこれといった正解は存在しませんが、個々に合った活動方法や進め方があるでしょう。年齢を重ね、社会人経験が長くなると、特にデリケートな転職に関して、面と向かっては恥ずかしくて聞きたいことが質問できないという方もいらっしゃるかもしれません。そういったときは、まずは思い切って複数のサイトに登録してみたり、紹介会社等にエントリーをしてみたりと、一旦、たくさんの情報を得てみるのもひとつの方法です。必要な情報のみを取捨選択するのは難しいことかもしませんが、まず王道として、「こういった考え方がある」、「こんな進め方も存在する」ということを知るだけでも転職活動において一歩前進といえるのではないでしょうか。実際に転職アドバイザーの話を聞いたり、セミナー等を受講したりすることで、さらに気づきを得て、前進の手掛かりになることもあるでしょう

はじめに申した通り、転職活動に王道はあっても正解は存在しません。まずは王道が王道たる所以を知るところから進めてみるのも一つの手です。「情報の取得」が少しでもあなたの未来に繋がるなら、まずは様々な情報や、意見に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

管理部門のその他の転職コラム管理部門の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?