法務職が転職をする際に見極めるべき2つのポイント

会社の設立から事業展開の法律上の問題解決シーンまで様々な場で活躍する法務部門。会社組織の中でも非常に重要なポジションであるがゆえに、法務職の求人では資格よりも実務経験が濃く求められますので、法務職希望者が転職する際には、将来のキャリアパスにあった経験がつめる会社かどうかを見極めた転職をすることをお勧めします。

例えば、株主総会やコーポレートガバナンスといった株式法務の経験を積みたいと考えるのであれば上場企業に転職するべきでしょうし、株式公開関係の法務実務を勉強するのであれば非上場企業、知的財産関係であればベンチャー企業のニーズも高く経験を積むには最適な環境といえます。

また法務の仕事はミスが許されないため、上司や同僚との職場関係によっても成長の度合は大きく変わってきます。転職の際には面接に同席する現場の担当者とのコミュニケーションをじっくりと行い、相性の良し悪しを会社選びのひとつの基準とすることも重要です。

法務職の求人は増加の一途ですが、転職の際にはこの2点の見極めを十分に行い転職によるステップアップを目指しましょう。

管理部門のその他の転職コラム管理部門の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?