売り手市場が続く、建設業界の「施工管理」

今回のコラムでは、「施工管理」についてご紹介します。

アベノミクス以降、日本の景気にも明るさが戻りつつあり、2020年には東京オリンピックの開催も決定、それに伴う経済効果も期待されています。不動産・建設業界にとっては、オリンピック開催に伴う老朽化インフラの更新需要が見込まれており、今が成長のチャンスと言えるでしょう。そんな中、依然として企業からニーズの高い職種の1つが「施工管理」です。東日本大震災の影響もありますが、企業は採用に意欲的であり売り手市場となっています。

改めて、施工管理という仕事について説明します。
工事現場における、施工全体の「現場監督」です。施工する職人、材料、方法、機械等の管理のほか、施工計画の策定、原価管理や工程管理、品質管理等が含まれます。
若手層にはある一定の経験もしくは資格(建築施工管理技士、土木施工管理技士、電気工事施工管理技士、等)が求められ、ベテラン層にはプラスα管理能力や技術力の高さが求められています。

この業界でよく耳にする転職理由としては、会社の将来性や給与に対する不満、勤務時間・休日等の勤務条件の改善が挙げられます。このような悩みは、転職により解決することがもちろん可能です。残業や少ない休日でなかなか転職活動にまとまった時間を割くことが難しい方も多いかと思いますが、転職を検討されている方は、人材紹介会社を利用してみてはいかがでしょうか。専任アドバイザーとの面談により、ご自身の転職市場における評価を客観的に確認することが出来ますし、応募書類の添削や面接対策、求人企業の情報収集等、自ら転職職活動を行うよりも大幅な時間と手間が省けます。

今後しばらく売り手市場が続くと思われる施工管理、是非チャンスを掴んで頂きたいと思います。

不動産・建設業界のその他の転職コラム不動産・建設業界の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?