営業職
2013.10.08

「法人営業」「個人営業」あなたはどっち?

金融系の営業職の場合、大きく分けて「個人営業」と「法人営業」の二つに分かれます。
同じ営業でも全く異なる二つの職種。あなたはどちらに向いているでしょうか?

■個人営業
その名の通り、個人に対する営業を担当します。取り扱う金融商品の幅が広く、マルチに対応する能力が求められます。中小企業などの場合は、個人営業が担当することもあります。
具体的には、銀行の個人営業などがありますが、小口顧客から大口顧客まで担当範囲は幅広いです。住宅ローンの取り扱いや教育資金の相談、果ては遺言の管理に到るまで、個人の人生に大きく関わる職種と言えます。

■法人営業
対企業向け、特に大企業向を担当する営業です。融資や金融資産の管理など、扱う金額が大きいため、顧客だけでなく、社内での交渉なども数多く発生します。金融機関のフロントとしていかに営業利益を上げるか、個人営業同様、こちらもマルチタスクですが、スケジュール管理などプロジェクト運営能力が問われます。「半沢直樹」と言えば、分かりやすいでしょうか。

いずれにせよ、営業としては高い能力が必要とされますが、やりがいのある職種です。
さて、あなたはどちらの職種を選びますか?

営業職のその他の転職コラム営業職の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?