営業職
2014.02.19

営業における、繁忙期とは。

一般的に様々な業界には、1年のうちには繁忙期と言われる期間があります。それは、食品業界においても顕著に表れています。いわば、1年間のうちの書き入れ時ということです。

大量に売れる時期には食品メーカーだけが繁忙期というわけではなく、中間流通企業と小売企業まで、それらを扱う全ての関係者が繁忙期に突入しています。
例えば、清涼飲料水やビールなどは夏場の暑い時期と、お中元や年末のお歳暮などの贈答品のシーズンである6月、7月、12月が繁忙期であり、その期間の売上げは年間を通じて高い割合を占めています。

扱う食品の種類によって繁忙期に違いはありますが、その時期にはメーカーからも販売の応援に駆けつけたり、業界を上げて売上アップを図る期間といえるものです。食品メーカーの営業としては、販売する商品の確保から販促計画、さらには販売支援などまさに、大活躍が期待されるます。繁忙期に向けて、さまざまな事前準備を十分にしておく計画性がもとめられます。

営業職のその他の転職コラム営業職の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?