営業職
2014.02.26

高まる女性営業職ニーズ。自分にフィットする職場の見極めが転職成功の秘訣。

安倍政権が社会における女性の活躍を経済政策の柱として本格的に取り組む姿勢を強調したことをうけ、女性求人の需要が高まっています。政府主体の取り組みは昭和61年に施行された男女雇用機会均等法以降、何度となく取り上げられてきていましたが、今回、政策に連動するかたちで増加している女性の求人増の背景には、今まで課題とされてきた女性が働きやすい環境への企業側の理解や環境整備が整ってきたことがあげられます。

そもそも女性の働き方はライフイベントなどの環境要因に影響されやすく「結婚や出産によりせっかく築いたキャリアが閉ざされてしまうのでは」といった悩みを抱える女性は数多く存在しています。そんな中で女性の求人、特に女性営業職の求人が注目をあびている背景には、営業スタイルが時代の変化により従来の提案型からコンサル型へと変わることによって女性が得意とするコミュニケーション力やフォローの決め細やかさが求められるようになったこと。そして育児休養や時短勤務など、働く女性と家庭の両立を考えた制度が作られるなど職場の理解が整ったことなど環境整備が整ったことがあります。

ひとくくりに営業職といっても、個人のノルマで成果主義の会社もあれば、チームで協力して売ることを目的にしているところもあります。後者の具体的な例としては、ワーキングマザーだけを集めた営業チームを作っている会社も出てきていて、高い成果をあげている事例もでてきました。女性活用に積極的な企業は女性用商材を扱う業界をはじめ、生命保険、教育など、まだまだ一部の業種といえますが、国内車の販売店やオフィス機器メーカーなど、これまであまり女性営業がいなかった場所でもその姿が目立つようになってきました。

時代の変化により求められる営業スタイルが変わってきた今、女性の営業職として活躍するためにも、自分にフィットする営業スタイルから職場を探すことが転職を成功させる秘訣と言えます。

営業職のその他の転職コラム営業職の転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?