面接対策 の転職コラム一覧

面接で緊張しないための準備の仕方と面接当日に緊張を抑える方法

転職活動の成否を決める大きなポイントは、面接です。「この会社に絶対転職したい」と強く思えば思うほど、緊張するのは仕方がありません。 しかし、失敗したくないと思うあまりに緊張しすぎると、実力を十分発揮できないまま、不本意な形で終わってしまう可能性もあります。 では、過度の緊張を防ぐには、どのような点に...続きを読む

面接時の正しい服装マナー!身だしなみで損をしないためのポイント

面接での服装は、志望者の第一印象を決める重要なものです。着こなし方や髪形、インナーのシャツ一つでも相手に与える印象は異なり、面接での結果を左右する可能性があります。新卒や第二新卒の場合は、リクルートスーツで面接に行くのが基本ですが、中途採用の場合はどのような服装が良いのでしょうか。 今回は、転職活動...続きを読む

面接で特技を聞かれたときの答え方!転職に役立つ特技アピールの例

転職活動の面接で、よく聞かれる質問の一つが「特技」についてです。突然、「特技は何ですか?」と問われると意外と答えにくく、「どのくらいのレベルなら特技といえるのか」「仕事に関係あること以外、ダメなのか」と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。 今回は特技について聞かれたときに慌てないように、面接官...続きを読む

面接で「長所・短所」を質問する面接官の意図と上手な答え方

転職活動の面接では、自分の長所と短所について質問されることがよくあります。長所は自己アピールになるため答えやすいと思いますが、短所はどのように答えれば良いのでしょうか。 今回は、面接で長所と短所を質問する面接官の意図をはじめ、好印象を与えやすい答え方、長所を短所に見せる回答のポイントについてご紹介し...続きを読む

「最近の気になるニュースは?」と面接で聞かれたときの答え方

転職成功のカギを握る面接。その面接でどんなことを聞かれるのか、またどのように回答すれば良いのかと頭を悩ませている人も多いでしょう。面接で聞かれることが多い項目の1つに、「最近の気になるニュース」があります。では、なぜ面接でニュースについて聞かれるのでしょうか。 今回は、「最近の気になるニュース」とい...続きを読む

面接で趣味を聞かれたら?面接官の意図を見極めて自己アピールを!

就職・転職活動の面接で、「趣味は何ですか?」と聞かれることがよくあります。単なる趣味に関する質問だからと、適当に答えていてはもったいない!せっかくの自己アピールのチャンスを逃すことになるかもしれません。そもそも面接官は、無意味な質問をするはずはなく、趣味に関する質問にもちゃんと意味があるのです。 今...続きを読む

二次面接のポイントと対策

二次面接は転職活動の大きなヤマ場です。二次面接では人事担当者が面接官となることが多く、質問の内容も仕事の内容に踏み込んだ専門的でシビアなものとなってきます。二次面接でよく質問される事柄など、しっかりとポイントをおさえて臨みましょう。...続きを読む

面接突破のためのビジネスマナーの基本ポイントを押さえよう

スキルや経験は申し分なくても、採用に至らないケースがあります。不採用の原因は、不適切な言葉遣いやビジネスマナーの欠如というケースも多くあります。気付かないうちに減点対象とならないよう、転職における面接のマナーのポイントを把握しておきましょう。...続きを読む

転職の最終面接で採用率を上げるポイント!一次面接との違いは?

書類選考と面接を通過し、最終面接までたどり着ければ、いよいよ転職活動もクライマックスです。最終面接は、一次、二次面接と比べて通過率が高い傾向にあるため、内定はほぼ確実と考えている人もいるでしょう。 しかし実際は、最終面接で不採用になる人も少なくありません。採用されるためには、最終面接まで十分な対策が...続きを読む

一次面接のポイントと対策

企業にもよりますが、一次面接では配属予定先の部署の社員などが面接官を務めるのが一般的です。 一次面接は書類選考から一歩前進し、転職希望先の会社の人と接する最初の場。すでに提出済みの履歴書や職務経歴書に書かれた実務経験の信憑性の確認はもちろんのこと、短期間で戦力となれるかどうか、基本的なコミュニケーシ...続きを読む

職種ごとに押さえておきたい採用面接の傾向と対策

ひと口に面接といっても、その傾向とスタイル、求められるものは職種によって全く異なります。ここでは、 ①営業 ②事務(BO) ③販売・サービス ④技術 ⑤制作(クリエイティブ) の職種ごとに、面接の傾向と対策をご紹介します。...続きを読む

あなたの第一印象を上げる「自己紹介」のテクニック

面接では第一印象がとても重要です。中途採用の面接では、まずは自己紹介から始まることが多いため、職歴や自己PRなど自分の価値を伝えられるようにしっかり準備して臨みましょう。...続きを読む

ネガティブな退職理由をポジティブに変える方法

「退職理由について教えてください」この質問は採用面接の場において、まず間違いなく出てくる質問です。一般に「転職しようかな」と考えるのは何らかの不満を感じたときが多いでしょう。「収入が低い」「やりがいが感じられない」「社風が合わない」…。これらは立派な退職理由ですが、これをそのまま伝えてもよいのでしょ...続きを読む

面接時の逆質問「何か質問はありますか?」に対する答え方と質問例

面接の最後に、面接官が応募者に「何か質問はありますか?」と逆質問の機会を与えることがあります。 そう聞かれて、「特にありません」と答えるようでは採用を勝ち取る確立は高まりません。入社後の仕事に対するモチベーションが伝わるような質問は、ぜひいくつか用意しておきたいものです。 では、どんなことを逆質問す...続きを読む

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?