現在位置
  1. 転職・転職エージェントのパソナキャリア
  2. 中途採用情報
  3. 社員インタビュー 山本 健太

INTERVIEW
社員インタビュー

より深く
「人生の転機」を
支えるために。

2013年中途入社
リーダー(RA・CA兼務)
山本 健太

2013年中途入社 リーダー(RA・CA兼務) 山本 健太

私が以前務めていた中高生向けの進学塾では、進学についてだけでなく、将来の夢や就きたい職業まで見据えたアドバイスを行っていたことが特徴です。大学教授を招いたり、社会人とのコミュニケーションの場を設けるなど、生徒の人生に深く関われるのは、大きなやりがいになっていました。ただ、私自身はなかなか他業界の方とお会いする機会がなく、少ない知識でしか語れないことにジレンマを抱えていました。それで、"もっと外の世界に触れて成長していきたい"と思い、転職を考え始めたのです。転職先として考えていたのは人材はもちろんブライダルや住宅、保険など、教育と同じ「人生の転機」に関わる業界です。また、職種は多くの人と出会い成長していける営業職を志望。こうした点で、人材紹介の営業職は非常に魅力的に映りました。転職は転職という瞬間のイベントではなく、その後の人生に関わる選択です。それに携わることが出来るのは非常に責任感がありますし、自身の成長にも繋がると感じたのです。

いくつかの人材紹介会社の選考を受ける中、当社への入社の決め手となったのは社員の方々です。仕事の面白さや厳しさ、今後のキャリア、パソナキャリアで得られる成長について...人事の方も面接を担当する現場の営業の方も、とにかく私に対して包み隠さず向き合ってくれました。この会社であれば、転職者の方に対しても同じように親身な対応ができるだろうと感じ、入社を決意しました。

2013年中途入社 リーダー(RA・CA兼務) 山本 健太

転職者のヒアリングから始まって、転職によって実現したい目標を確認し、今の状況と目標とのギャップを捉え...という一連のフローは、生徒に対しても転職者に対しても大きくは変わりません。その点は、経験が活かせて良かったと思います。ただ、転職者と採用企業、どちらのニーズも叶える必要があるのが人材紹介の面白さであり難しさです。私自身は元々人生の転機を支えたいという動機があったため、最初はどうしても目の前の転職者の希望に応えたいという気持ちが強く、企業側との採用ニーズのすり合わせが上手くいかないケースがありました。ですからマネージャーからは企業側がどんな採用ニーズをお持ちなのかを詳しく教わりつつ、自分でも積極的に企業に足を運び、企業の採用にかける思いを学ぶ日々が続きました。「企業はただ人材を欲しいのではなく、会社の10年、20年を見据えながら採用を考えている」こうした思いを知るにつれ、目の前の転職者と企業の事業成長、両方を支援する人材紹介の魅力をより強く実感できるようになりました。

今、私は物流業界を担当しています。ネットショッピングの拡大とともに物流マーケットは大きく変動を続けており、同時に人材の採用状況も活発になっています。最近では、海運関連企業からのご依頼でM&Aに関する専門的な知識を持った人材の採用を担当したのですが、そうした会社の将来に影響を与える採用に関われるのもこの仕事ならではのやりがいです。"外の世界を知りたい、多くの人と関わり成長したい"という転職時の希望も叶いました。この仕事をするまで知らなかった市場やビジネスの知識が得られるだけでなく、社長や役員の方など、前職では全く接点の無かった方々とお話しする機会も多く、刺激的な日々を送っています。これからも転職者と企業、双方としっかり向き合いながら、成長していきたいと思っています。

※紹介内容はインタビュー当時のものです。

ENTRY
募集要項

募集要項はこちら

パソナキャリアについてもっと知りたい方へ

人材紹介事業部ワークガイド(PDF)

中途採用についてのお問い合わせ

お問い合わせはこちら