読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
はたラボ

8月11日は今年から「山の日」でお休み! 新しい祝日の誕生秘話

8月11日が今年から、「山の日」として新しい祝日になる。しかし、待望のお休みが増えるというのに、世間的にはまだピンと来ていない様子……。祝日が増えるのは実に20年ぶりとのことだが、いったい山の日とは何のために、どのような経緯で誕生したのか。 そこ…

悪女学研究所・所長の藤田尚弓さんが実演!「反省しているっぽい表情」の作り方

上司に怒られた! そんなとき、ついイラッとした顔をしてしまい、さらに上司の怒りを買ったことはないだろうか? 本来求められているのは、しおらしい態度だろう。けれども、気持ちが顔に出ないようにするのも難しい……。そこで、テレビ番組にも出演し、さま…

人気ラッパーDOTAMAさんが解説! ビジネスシーンで「気の利いたことを言う」「上手い切り返しをする」方法

ビジネスシーンを円滑にするために、また、ピンチを乗り切るために、あるとうれしいのが「気の利いたことを言う」「上手い切り返しをする」スキルだろう。しかし、どうすればその力が身につくのか……。そんな悩みを抱えた筆者が「これだ!」と思わず膝を打っ…

変わった社名、どうやって決めたの? 「人間」「闇」「もしも」に名前の由来を聞いてみた

会社員には、常に自分の働く会社名がついてまわる。電話をとるとき、挨拶をするとき、「○○会社の△△です」と、自分の名前の前には必ず会社名がくるはずだ。では、その会社名が、一風変わったものだったらどうだろう。 覚えてもらいやすい反面、働きづらさもあ…

正社員から無職、アルバイト、そしてフリーランスへ……ブックライター、上阪徹さんに聞く「仕事がないときの仕事の作り方」

人生の先輩たちに、失敗の経験とそこからのリカバリー方法について聞く当連載。今回は出版業界の第一線で活躍するブックライター・上阪徹さんに、仕事がないときの仕事の作り方についてお話を伺ってきました。 「ブックライター」という職業がある。会社経営…

フライデー創刊編集長で襲撃事件の当事者・伊藤寿男さんに聞く「怒られても前向きでいる方法」

人生の先輩たちに、失敗の経験とそこからのリカバリー方法について聞く当連載。今回は元フライデー編集長・伊藤寿男さんに、「あの事件」の話題を振り返りながらお話を伺います。 『フライデー』という写真週刊誌がある。講談社発行のこの雑誌は、2015年度に…

東京別視点ガイド管理人が教える! あなたの知らない「サボりスポット」5選

上司に理不尽に怒られたときや、徹夜で仕込んでいた案件が仕切り直しになったとき。働いていれば、どうしてもサボりたい気分になることはある。そんなとき、外回りやランチタイムを利用して、会社にバレずに気分転換できる場所はないだろうか。 せっかく気分…

ありがた迷惑な「クソバイス」の対処法って? 提案者の犬山紙子さんが解説

ビジネスシーンのあちこちで飛び交う「クソみたいな」……おっと失礼、「役に立たない」アドバイス、それが「クソバイス」である。「世の中には、まともに聞かなくてもいいアドバイスもあることを知ってほしいんです」と話すのは、「クソバイス」という言葉の…

勤務時間、有給休暇、給与、退職 etc. 「就業規則」にはどんなことが書かれているの?

当然のように命令される残業、なかなか取得できない有給休暇……希望や期待を胸に入社したものの、いざ働き始めたら「こんなはずじゃなかった」というトラブルに直面することがある。このような事態を未然に防ぐためにも、チェックしておきたいのが就業規則だ…

投資や住宅購入のチャンス! 「マイナス金利」の影響を税理士に聞く

日本銀行(以下日銀)は今年1月29日、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を発表した。すると、2月9日には10年物国債指標銘柄利回りが債権市場でマイナス0.035まで低下。日本史上初の「マイナス金利」となった。 この「マイナス金利」とは、どのよ…

最速3分で自炊カレー!? ビジネスパーソン向け「しかない料理」3品

忙しいときほど「食事」の優先順位は下がってしまいがち。外食や出来合いの弁当などでサッと済ませたいところですが、栄養バランスや食費を考えると、本当は自炊をしたい……。そんなビジネスパーソンには、時短かつ手元にある食材でも手軽に自炊ができる「し…

身近な社会人の先輩は「父」! 就活生の「娘」が家庭内OB訪問してみたら

2017年春入社の新卒採用が解禁になった。リクルートスーツに身を包み、不安げな就活生も街で見かける。「どんな仕事を選べばいいのか」「そもそも働くとはどういうことなのか」そんな疑問に直面していることだろう。 就活にはOB訪問という文化がある。社会人…

【社内恋愛】LINEがない頃どうしていたの? オフィスラブ今昔座談会

社会人の恋愛事情において、仕事が忙しくなればなるほど出会いが少なくなる……というのはよく聞く話。であれば、すでに出会ってはいる状態の「社内」で恋人ができるパターンもあるだろう。 だが、就業規則で社内恋愛を禁止している会社もあるそうだ。他の社員…

北海道新幹線開通! ビジネスパーソンの函館・札幌行きは便利になるの?

いよいよ3月26日(土)、北海道新幹線が開業する。青函トンネルを経由し、新青森駅から新函館北斗駅までの約149キロメートルを結ぶ新幹線だ。東北新幹線と接続しているため、開通により陸路で北海道まで移動できることが注目を集めている。 しかしJR北海道に…

フライト4500回の元CAが教える「苦手な上司の操縦術」

「また今日もあの上司と顔を合わせるのか……」と迎える憂うつな朝。苦手な上司とストレスなく付き合うには、どうすればいいのだろうか? そんな悩めるビジネスパーソンに「人間関係を操縦するコツは、正面から受け止めすぎないこと」とアドバイスしてくれたの…

「早く帰りたい」ならマスクが有効!? 業務効率を上げる5つの方法

「今日は残業しよう」と思った日はいまいちはかどらず、夜に予定を入れている日ほど仕事のスピードが上がった経験はないだろうか。このことからも、1分1秒でも早く帰りたいと願う気持ちの方が、仕事を終わらせる上でよっぽど大事だと筆者は思う。 だが、予定…

語学の習得はスポーツと同じ! 社会人が独学で英語を学ぶには?

2020年の東京オリンピックに向けて、ますますグローバル化が加速する日本。「仕事の幅を広げるためにも、英語を習得したい」と思うビジネスパーソンも多いのでは? とはいえ、「英会話スクールは学費が高い」「モチベーションが維持できない」など、英語学習…

ボードゲームカフェ店長直伝! ビジネスで勝つ力が身につくボドゲ5選

懐かしの 「ボードゲーム」というと何を思い浮かべるだろうか? おそらくは「人生ゲーム」、もしかしたら「モノポリー」かもしれない。だが、ボードゲームの世界は、世間で知られているよりもずっと広く、深い。数え切れないくらいの種類があり、ファンも年…

あわや大惨事! ビジネスシーンでよくある言い間違い・書き間違い

ビジネスシーンでは、仕事中以外は使わない言葉や言い回しが使われる。とっさに言い間違ったり書き間違ったりしてしまうこともあるだろう。 しかし、なかには一発で退場になり得る、危険な過ちもある。そこで、今回は都内の各業界のビジネスパーソンに聞き取…

山崎製パンに突撃取材! ビジネスパーソンにうれしい「ランチパック」の魅力

昼食の時間を確保できないほど、アポイントメントが連続している。メールの応酬も終わらない。結局、今日は「昼メシ抜き」か……。忙しいビジネスパーソンなら、こんな目に遭ったことは一度や二度ではないだろう。 そんな時間のない人にこそ、ヤマザキの『ラン…

ウチの会社は大丈夫!? 先行き不安な会社の見分け方

「この会社、大丈夫かな?」 仕事をしていると、企業から不穏な気配を感じることがあるだろう。せめて自社には息の長い会社であってほしいが……。 「会社の将来性を見て転職先を選ばないと、入社した会社がことごとく倒産してしまうなんてこともあります」と…

接待や懇親会の下見にもピッタリ! ランチパスポート活用のすすめ

就業中に一番自由に使える時間といえば、ランチタイム。安くておいしいランチを求め、職場付近のお店を巡るプチトリップ。そんな食いしん坊の隠れた味方が『ランチパスポート』だ。 ランチパスポートは、その地域の書店やコンビニ、飲食店など、エリア限定で…

「ガンジー」「警備員」「フタ」……GO羽鳥さん直伝、満員電車を乗り切るテク

どうして満員電車はなくならないのだろうか。みんな一様に苦しく、辛い思いをしているはずなのに、一向に通勤・退勤時の電車の混雑は解消されない。これまでもそうだったように、これからもそうなのだろう。この世に救いはないものか。 悲嘆にくれる人の心を…

リズム感が身につく! タンバリン芸人、ゴンゾーに聞くタンバリンの極意

忘年会シーズンも終盤に差しかかり、ホッと一息……しかし、年が明ければ今度は新年会のシーズンの始まりだ。「来年こそは何か一芸を身につけたい」と決意したビジネスパーソンもいるのではないだろうか。 例えば、二次会の定番「カラオケ」。歌うのは苦手でも…

歯科医師が教える! 飲み会翌日のお酒のニオイを抑える方法

忘年会・新年会シーズンまっただ中。この時期は、連日の飲み会により「自分の息や体が酒臭くなっているのでは……」と、出社前に気にする人も多いのではないだろうか。「スメルハラスメント」という言葉が示すように、職場での「ニオイ」の取り締まりは年々強…

子どもの写真はOK? 上司や取引先への年賀状のビジネスマナー

年賀状づくりの進捗はいかがだろうか。取引先の担当者、前職の上司など、ビジネス上の関係者をリストアップするだけでもひと苦労。「今年もよろしくお願いします」と、新年定番のご挨拶+来年の干支の絵をプリントして、もう投函してしまいたい……なんて思っ…

オフィスカジュアルはどこまでOK? 専門家がファッションチェック!

「オフィスカジュアル」という言葉をよく聞くようになった。時代の流れや業界によって、「制服」や「スーツ着用」といった縛りがゆるくなりつつあるようだ。 しかし、ひとくちにオフィスカジュアルと言っても、社会人としてどこまでがOKでどこからがNGなのか…

宿無しのプロに聞く! 終電を逃したときの「おすすめマンガ喫茶」

お酒を飲むと酔っ払う。酔っ払うと、何もかもどうでもよくなる。何もかもどうでもよくなると、終電を逃すこともある。 学生時代なら誰かの家に泊まることができたし、友人も一緒に朝まで飲んでくれたものだ。それが、社会人になるとどうだろう。終電を逃した…

昨年と同じでもOK? ハズさないお歳暮選びのポイント

そろそろ年の瀬。日頃お世話になっている相手に感謝の気持ちを表すために、お歳暮を贈ることはビジネスパーソンのマナーのひとつだ。しかし、いざお歳暮を贈るとなった時、何を選べばいいのか悩んでしまう人も少なくないだろう。 そんな疑問に、「ハズレがな…

エレベーター内の会話はNG! 意外と知らないエレベーターのビジネスマナー

次の予定に遅れてしまいそう! あわててエレベーターに駆け込んで、ホッと一息……なんて経験はないだろうか。だが、油断は禁物。エレベーターも仕事の場、ビジネスマナーが問われるシーンなのだ。マナー違反を上司や取引先に目撃されて、知らぬ間に自分の評価…

赤ちゃんを抱っこしながら仕事しよう! 待機児童問題に挑む「子連れ出社」のリアル

「思ったよりフツーじゃないか」 先日、体験ギフトを制作・販売するソウ・エクスペリエンスのオフィスを訪問したときの感想である。今回、同社に取材を申し込んだのは、「子連れ出社OK」の制度を導入していると聞いたからだった。IT企業らしく先進的でオシャ…

クレーム電話にビクビク……怒っている相手への対処法

会社で電話をとったら、クレームの電話だった! ……そんな経験を持つビジネスパーソンも多いのでは。見ず知らずの相手との電話をするのは緊張するし、クレームであればなおさら気が重い。最近は、電話に出るのを怖いと感じる新入社員も増えているのだとか。 …

忙しい社会人の出会いの場はどこ? 第一位はやっぱり……

「仕事が忙しい」のは、会社にとってはありがたい話だろう。しかし、「家と会社の往復をする毎日が続き、休日も潰れがち」「前の恋人と別れて以来、出会いの気配すらない」……なんて嘆くビジネスパーソンも少なくないのでは? 忙しい毎日の中でも出会い、結婚…

意外と見られてる! 相手に好印象を与える名刺入れの選び方

訪問先や交流会での名刺交換。マナーは完璧でも、そこでチラッと見える名刺入れがザンネンだったら、せっかくの好印象が台無しになってしまうかもしれない。 そもそも、世のビジネスパーソンは、どんな基準で名刺入れを選んでいるのか。「お気に入りのブラン…

名刺探しで30分……からの脱却!効率のよい名刺管理の方法

ビジネスで誰かに会う度に、名刺は溜まる一方。放っておくと、せっかくの人脈は埋もれていくばかりだ。いざ必要なときに「あの人の名刺はどこだっけ?」とあちこち探し、見つかるまでに結構な時間が経っていた……なんてことはないだろうか。 ちなみに、Sansan…

ホントに人脈ができるの? 異業種交流会の実録レポート

「異業種交流会」という言葉を聞いて、何を思い浮かべるだろうか。 「怪しいビジネスに勧誘されそう」なんて、あまりよくないイメージを持つ人もいるのでは? でも、それにしてはあちこちで堂々と開催されているし、参加したら意外と仕事に役立つ場所だった…

そろそろ忘年会シーズン! お酒が苦手でも、飲み会を楽しむ方法

そろそろ忘年会の予定が入りはじめるこの時期。「飲みニュケーション」という言葉に代表されるように、日本では飲み会でお酒を酌み交わし、円滑なコミュニケーションを図る習慣がある。でも、世の中にはお酒が得意な人ばかりではなく、お酒が苦手、あるいは…

会社のトイレで昼寝が横行?仕事中にウトウトしない睡眠習慣

午後2時ごろ、ふとトイレに立ち寄ると、男性トイレの個室が全部使用中なんてシーンに出くわしたことはないだろうか。しばらく待ってみても、誰も出てこない。これって絶対、なかで寝ているよね……(苦笑)。 トイレでの昼寝は褒められたものではないが、仕事…

飲みすぎてやらかした失敗エピソード&大人のリカバリー術

会社の飲み会や接待などで、飲みすぎてやらかしてしまった! 翌朝目が覚め、うっすら残る記憶をたぐり寄せて大反省。ああ、会社に行きたくない……なんて経験はないだろうか。 ベッドから起き上がりたくない気持ちは痛いほどわかるが、こんな時だからこそ早め…

地元に戻って仕事は見つかる?Uターン・Iターン成功の秘訣とは

地元に戻って働く「Uターン」、地方に移住を実現する「Iターン」など、みなさんは人生の選択肢として一度くらい考えたことがあるだろうか。特に、30代から40代ともなれば、両親の介護問題などで故郷に帰る話は現実味を帯びてくるだろう。とはいえ、生活のた…

マイナンバーが始まると、会社に副業や転職歴が筒抜けになっちゃうの?

国民全員に順次番号が通知されるマイナンバー。10月になれば、みなさんのお手元にも12桁の通知カードが届きはじめるだろう。正式な運用開始は来年1月だが、そもそも個人として、または企業として、どのような準備をしておけばいいのか? いまだ国民の理解は…

ビール注意!ビジネスマンの痛風リスクを減らすには?

ビジネスパーソンにとって、お酒の席は年中行事のようなもの。夏のビアガーデンシーズンが終わったかと思えば、食欲の秋にかこつけた飲み会が開かれ、年末年始には忘年会・新年会、そして春は送別会・歓迎会が控えている。社会人になって酒量が増えたな……と…

電話かメールか……仕事の連絡は、どっちをメインにするべき?

9月6日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリさんが言い放ったこの一言がちょっとした物議を醸した。曰く、「何をやっているかわからない相手に向かって、いきなり電話をするのはおかしいですよ!」 ちょっと待って、ちょっと待って。タモリさんと…

腕時計をしないビジネスマンが増加? スマホ確認がダメな理由

ビジネスマンの身だしなみの一つでもある腕時計。あなたはどのくらい腕時計にこだわりをもっているだろうか? あるいは、そもそも腕時計を身につけているだろうか? 肌身離さず持ち歩くスマートフォンがあるから、腕時計を身につけない若手ビジネスマンも少…