お知らせ
2018.03.28

【採用イベント実施報告】ウクライナ・キエフにて、現地の理系学生向けの採用イベントを実施

株式会社パソナで人材紹介・再就職支援サービスを行うパソナキャリアカンパニーでは、外国籍人材の採用支援に特化したサービスを提供しています。労働人口の減少が叫ばれる中、事業成長に必要な秀でた能力を持つ外国籍人材をお探しするサービスです。外国籍人材を受入れる組織に対する、マネジメントアドバイスや、各種セミナーも併せてご提供しています。

現在日本の就職・転職市場では、有効求人倍率が高く、特に理系大卒や技術者といった属性をターゲットに採用活動をする場合には、より難易度が高まっている状況です。今後も国際的な企業間競争を勝ち抜くためには、人材不足、特に優秀な技術者の不足がボトルネックになることが予想されます。そこで、国内に留まらず海外の大学に在籍する優秀学生のデータベースを形成し、日本企業様が直接アプローチ出来るサービスを開始しました。

今回は、在ウクライナ日本大使館やウクライナ教育省の支援を受け、2018年2月16日~17日の2日間、首都キエフの大学にて理系学生の採用イベントを行いました。ウクライナで日系企業が採用選考会を行うのは初めてのことで、当日はウクライナ現地の学生250人が参加しました。

ウクライナは1991年ソビエト連邦崩壊ののちに独立を果たした国家です。ソ連時代、連邦内部の分業体制の中で、鉄鋼、造船、航空宇宙産業等の軍需産業を狙っており、独立後も技術立国として技術者を多く輩出しています。一方、2014年に勃発した内乱やロシアとの紛争などで国内の混乱が続き、2016年の世界銀行調査によると国民1人あたりの名目GDPは191か国中138位という状況です。(参考:139位ベトナム/2.172ドル)

そのような状況下、ウクライナ国内での大卒正社員の給与は文系の場合日本の10分の1程度、理系エンジニアでも月給数万円と、国内通貨急落の影響で給与水準も低迷しており、ウクライナの学生の中でも海外企業への就職希望も高まっています。そこで今回、パソナグループでも初となるウクライナ・キエフでの採用イベントを開催しました。

2日間を通して日本で就業することの紹介や参加企業のプレゼンテーションを行い、プログラミングの知識かつビジネスレベルの英語力を持つ学生約30名と、現地優秀学生を採用する意欲を持った日本企業との面接が実現しました。
面接に臨んだ学生の中から4名が内定を獲得という結果になり、今後も日本企業が継続的に採用活動を行なうサービスとして展開予定です。

お知らせのその他のお知らせ・メンテナンス情報お知らせのお知らせ・メンテナンス情報一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?