雇用条件

競合への転職の注意点は?

経験とスキルを活かして同業界での転職を考えています。競合への転職の場合は、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

現職で知り得た業務フローや技術情報などの守秘義務は、退職後も発生します。製品情報や顧客情報などを転職先に持ち込んではいけません。また、企業によっては、就業規則や契約書などで競合への転職を制限する事項を設けている場合があります。予め就業規則や契約内容を確認しておきましょう。
競合へ転職する際は製品情報や現実的なノウハウなどを持ち込むことなく、自分は何が出来るのか、自らが持っているキャリアの価値を考えることが大切です。同業界であれば、前職の同僚や上司と再会する機会もあるかもしれません。円満退職を目指しましょう。

あなただけの悩みや不安に親身にお答えします。キャリアプランのご相談にも。

無料転職サポートお申し込み

よく見られているお悩み

他のカテゴリで探す