35歳の転職成功ポイント

面接の成功ポイント:職務経歴(35歳編)

35歳ともなると、社会人になって10年ほど経過する方がほとんどでしょうか。そこまで長くない方もいらっしゃるかもしれませんが、いずれにしても、社会人になってから現在までの経験を洗い出してみましょう。ベースは、書類作成時に思いだした内容になると思います。思い出すには時間がかかる可能性もありますが、ここは時間をかけて思い出した方がベターです。 職務内容におけるその企業特有の言葉は面接官には伝わりませんので注意が必要です。仕事の流れも企業特有のケースがありますので、面接官に簡潔に伝わるよう、イメージしてもらえるような説明ができるようにしましょう。


特に数値的実績にかかわる職種の方は、目標や実績、達成率、社内の達成者率といった数値はご自身の実績を物語る上での根拠となります。わかる範囲でメモをしておくといいでしょう。


また、35歳の転職においては、マネジメント要素を求められるケースがほとんどです。職務経験の中で「マネジメント」と言われるような内容、例えば後輩やメンバーの育成に携わった経験をお持ちであれば、そちらにもフォーカスしましょう。もし、マネジメント経験がない場合でも、どのような関わり方をしていたのかを説明できるといいでしょう。


あなただけの悩みや不安に親身にお答えします。キャリアプランのご相談にも

無料転職サポートお申し込み

よく見られているお悩み