38歳の転職成功ポイント

企業探し・応募時の注意点(38歳編)

38歳での転職の場合、今までの経験上での転職になる方が多いので、応募先の企業となると、同業界で応募する、もしくは職種軸で異業界へ応募する、という場合が多いでしょう。


同業界で応募する場合は、業界経験の長い方であれば、各企業の業界内でのポジショニングなども理解されていると思いますので、応募する企業は探しやすいのではないでしょうか。同業界での転職の場合は、「守秘義務や今後の関係性で注意が必要となる」という点にご注意ください。応募をしてはいけない、ということはありませんが、今の会社の情報を開示したりすることは避けましょう。また、同業界への転職が成功しても、残念な結果になったとしても、自社や今までの取引先等との関係性は続いていくでしょうから、その点に配慮した転職活動を行ってください。


異業種へ応募される場合は、仕事内容でご判断いただくので問題はないでしょうが、その企業の業界の動向や、業界の中でのポジショニングなどは調べた上で応募をするのがよいでしょう。


同業種であっても、異業種であっても、30代後半の即戦力系求人は非公開であることが多いです。応募先の企業を探すには媒体や、その企業の採用情報には情報がないことが多いので、転職エージェントにご相談ください。


応募する企業数についてもよくご質問をいただきますが、38歳即戦力としての転職の場合、応募できる求人がたくさんあるというよりも、ピンポイントであることのほうが多いです。ですので、応募したいと思う企業があれば、積極的に応募してみて問題ないでしょう。ただ、一度に応募しすぎて、仕事の都合上、面接を組むことができない、となってしまうと本末転倒です。一度応募した受け付けたのちは、一定期間の応募ができない、という企業もありますので、面接にどのくらい行くことができるか、もふまえて応募数を検討するとよいでしょう。


あなただけの悩みや不安に親身にお答えします。キャリアプランのご相談にも

無料転職サポートお申し込み

よく見られているお悩み