MRとは?

MRとは、Medical Representativeの略で製薬業界での医薬情報担当者のことを指します。仕事内容は、医薬情報を医療関係者に正確に伝達すること、医薬情報に関する情報や問い合わせを収集することです。営業担当としての役割ももちろんありますが、現在の医薬業界では実際の医薬品の流通は卸業が担っていますので、直接的に価格交渉などを行うケースはありません。MRとして活躍するためには、必須ではありませんが、MR認定試験に合格することが望ましいとされています。この認定試験は毎年一度開催され、製薬メーカーなどでは、入社初年度に試験対策などを行う企業も多いです。


転職市場の中では安定的にニーズのある職種です。リーマンショック以降、転職市場は一度縮小しましたが、その場合にも安定的に中途採用のニーズはあり、製薬業界は成長性、安定性の高い業界であるといえるでしょう。

関連する業界の求人

医薬・医療業界の他の項目を見る

求人票を見るだけでは企業が求める人物像まではわかりません。過去のデータから実現の可能性についても提案します。

無料転職サポートお申し込み