管理会計とは?

管理会計とは、企業活動の指針を決定するために参考とする会計情報のことで、これをもとに、業績の予測をたてたり、業績を評価したり、経営者の意思決定がなされたりします。財務会計が、対社外の会計情報であり、法律や制度によって作成が義務付けられていることに対し、管理会計は対社内向けの情報で、特に作成は必須ではありません。ただ、必須ではないとはいえ、リスク管理や正確な経営指針の策定のため、多くの会社で情報として算出する動きが出てきています。

転職市場においては多くは経理や財務のポジションの求人票のなかでよく見られます。基本的なスキルとして管理会計ができること、管理会計の実務経験があることが求められる求人が多いです。

関連する業界の求人

管理系の他の項目を見る

求人票を見るだけでは企業が求める人物像まではわかりません。過去のデータから実現の可能性についても提案します。

無料転職サポートお申し込み