企業コンプライアンスとは?

企業コンプライアンスとは、企業が法令に違反せずに活動すること、法律や条令を遵守することを意味します。コーポレートガバナンスの基本原理の一つです。一昔前までは、コンプライアンスの直訳そのまま、企業は法令に違反をすることさえなければよい、という見方がなされていましたが、昨今では、法令を守ることはそもそもの大前提であり、CSRと言われる社会的責任をいかに果たし、社会にどれだけ貢献できるかまでを、企業活動の中に反映させることが求められています。具体的には、社内の規定やマニュアルの整備、リスク回避策の設定、企業倫理の構築などが挙げられます。


求人票のなかでは、法務関連職種の求人のなかでよく見る言葉ですが、昨今では、上記のよう、その解釈が広がってきていることもあり、経理や人事関連の職種のなかでも見られる言葉になってきました。


関連する業界の求人

管理系の他の項目を見る

求人票を見るだけでは企業が求める人物像まではわかりません。過去のデータから実現の可能性についても提案します。

無料転職サポートお申し込み