株式会社FRONTEO
【日米上場企業】ロボット事業プロデューサー【自社サービス】 No.80461321の求人・転職情報

Job No.80461321

募集要項

仕事内容

同社におけるロボット事業全般のプロデュース業務をご担当頂きます。各実務を担当する事業メンバーと協働しながら、事業全体の戦略や方向性を決定し、事業の利益を生み出すことがミッションとなります。
【具体的には】
■事業責任者と共に事業計画、戦略、コミュニケーションプランの策定、及び実行
■ロボットのキャラクターアイデンティティ策定と管理
■キャラクタービジネスの企画提案から戦略実行に至るまでのプロデュース業務
■新規パートナーの発掘、関係構築、提携の推進
■既存パートナーとの関係向上、新規企画、交渉
■既存サービスサイトとの連携によるビジネス展開の拡大
■コンテンツ制作に関わる一連のディレクション業務
■ユーザーを活性化させるコミュニケーションプランの策定、コンテンツ企画、及び実行

応募資格 【必須要件】
■事業会社、もしくは代理店においてコンシューマー向けプロダクツのプロダクトオーナーもしくマーケティング責任者のご経験

【歓迎要件】
■コンシューマー向けのハードウェアの製造、流通、マーケティングの知識、経験

【Kibiroとは?】
Kibiroは、人工知能「KIBIT(キビット)」の力を最大限に活用した同社のロボットです。少量のデータから利用者の好みや感覚を学習し、膨大なデータを高精度で分析、利用者の判断をサポートすることを得意としています。
勤務地 東京都 港区港南2-12-23明産高浜ビル7F
予定年収 700万〜1000万 ※経験に応ず
学歴 大学 卒業以上
勤務時間 09:00〜18:00
休日・休暇 祝日、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、有給休暇(入社時に10日付与、最高20日/年)
諸手当 通勤手当(上限50,000円/月)、社員持株会制度 役職者は年俸制
募集職種
求人特徴

会社概要

事業内容

■自社開発人工知能「KIBIT」の開発
■「KIBIT」を活用したソフトウェア/サービスの開発、提供
■ディスカバリ(国際訴訟)支援
■デジタルフォレンジック調査

※ディスカバリ(国際訴訟):米国での民事訴訟において、訴訟当事者同士が訴訟に関連するすべての資料を自ら収集し、開示する制度のこと。電子データの場合、eディスカバリと呼ぶ。

※デジタルフォレンジック:犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称。

特徴 ★Made in Japanの独自開発人工知能(AI)の開発・提供企業★
【特徴1】業界トップクラスのデータ解析実績
同社は訴訟支援や不正調査をはじめとする様々なデータ解析案件を担当してきた実績があります。そして、膨大な電子データの中から証拠を発見する技術を、しかも失敗の許されない環境のなかで極めてきたことで、独自のビッグデータ解析が可能になりました。これによって、膨大な量の電子データから、人が次に「どのように考え」、「どのような行動をするのか」などを推測することを可能にしており、業界のみならず専門家・投資家からも注目を集めています。
【特徴2】成長市場でビジネスを拡大
同社の主力事業のeディスカバリの世界市場規模は2008年に1000億円でしたが、2017年には1兆円近くにまで届くと予測されています。この成長著しいマーケットにて、言語解析技術、人工知能技術などを応用した同社独自の自動文書解析技術でシェアを拡大しています。
【特徴3】グローバルな業務環境
同社は2007年の東証マザーズ上場、更に2013年には米国市場ナスダックにも上場しました。日本の本社でも多国籍の方が働かれており、また、米国・台湾・韓国に置いた各拠点との英語でのコミュニケーションが日常的に発生するためグローバルな業務環境の中で、成長できる環境があります。
企業特集 -
設立 2003年08月
資本金 1705百万円
売上高 10553百万円
株式公開 マザーズ
従業員数 117人
業種
  • 希望に合う求人があれば転職を考えたい スカウトサービスに登録