【募集終了】中外製薬株式会社
開発品・市販品安全性対策関連業務担当者 No.80462500の求人・転職情報

Job No.80462500

募集要項

勤務地 東京都 中央区本社
予定年収 ※経験に応ず
募集職種
求人特徴

会社概要

事業内容

■医療用医薬品の製造・販売輸出入【特色】ロシュ傘下の医薬品大手。ガン・腎・骨領域強い。稼ぎ頭は腎性貧血薬。タミフルの製造元 【事業所】本社/東京支店/札幌、仙台、新宿、大宮、横浜、名古屋、大阪、京都、広島、高松、福岡営業所/全国53ヵ所研究所/富士御殿場(静岡)、鎌倉(神奈川)、浮間(東京)工場/浮間(東京)、藤枝(静岡)、宇都宮(栃木)、鎌倉(神奈川)海外/ニューヨーク、ニュージャージー、ロンドン、パリ、フランクフルト、北京、上海、広州、台北、韓国【平均年齢】38.2歳(2008年6月/単体)【平均年収】8,390 千円(2008年6月/単体)

特徴 ■中外製薬の重視する分野として、「抗体医薬」を中核とするバイオ医薬の研究が挙げられます。昨今では、 「エポジン」や「ノイトロジン」を上市、ロシュ社との協働により日本初の抗体医薬品(「アクテムラ」)を グローバル市場で上市するなど、1980年代から総合的なゲノム抗体創薬の研究に取り組み、ノウハウや経験を蓄積してきた 中外製薬が強みを発揮しています。■ここにバイオ医療の世界的リーディングカンパニーであるロシュ社と、そのグループ企業である米国ジェネンテック社が加わり、 グローバルな研究体制で次世代を担う新薬の研究が進められています。【バイオ医薬・抗体医薬分野に強み】もともと生体内にあるものを医薬品化するバイオ技術は、一定の品質を確立するまでに高度な技術、長年のノウハウの蓄積が必要で、大手企業といえども、おいそれと手を出せる分野ではありません。中外製薬では、80年代からこの分野に着手し、これまで培ってきた創薬の基盤技術にさらに磨きをかけるとともに、「がん、腎、骨・関節」の3つを重点領域として、新薬の開発に注力しています。ガン領域においては2008年に国内売上トップポジションを獲得しています 仲外製薬諮詢(上海)有限公司、C&Cリサーチ・ラボラトリーズ、(株)中外臨床研究センター、(株)中外医科学研究所、(株)シービーエス、(株)メディカルカルチュア、中外物流(株)、中外製薬工業(株)、(株)未来創薬研究所、ほか
企業特集 -
設立 1943年03月
資本金 72966百万円
売上高 451775百万円
株式公開 東証一部
従業員数 4932人
業種
  • 希望に合う求人があれば転職を考えたい スカウトサービスに登録

関連する求人を探す