【募集終了】株式会社Viibar
コーポレート法務【動画製作・映像製作】 No.80471269の求人・転職情報

Job No.80471269

募集要項

勤務地 東京都 品川区上大崎 2-13-17 目黒東急ビル 5階
予定年収 390万〜600万 ※経験に応ず
募集職種
求人特徴 -

会社概要

事業内容

「高品質な動画をもっと利用しやすく」をビジョンに掲げ、動画制作に特化したクラウドソーシングサービスを運営
■動画に特化したクラウドソーシング事業
■動画マーケティング事業

viibarは映像制作に特化したクラウドソーシング・スタジオ。
国内外の優秀な映像クリエイターが約500名登録をしており、クライアントのニーズに応じて登録クリエイターから最適なチームを編成することで、映像制作のクラウドソーシングを実現しています。
市場価格の半分以下のコストでの動画制作を実現しています。

特徴 【会社設立経緯】動画制作の業界は多重下請け構造で、非常に非効率な業界です。代表の上坂氏は自身のキャリアの中で、動画広告の制作側(クリエイター)、発注側(クライアント)双方を経験し、業界の構造自体に問題があると感じていました。一方、ブロードバンドの普及とともに、オンラインを中心に動画のニーズは飛躍的に伸びています。米国の調査では2016年までにインターネット広告の15%は動画に置き換わると推定されています。日本も米国からは少し遅れるものの、急速に伸びてきています。

【会社概要】映像制作には編集、制作、サウンド、Web加工、配信測定、シナリオ制作…などの行程が存在するが、同社ではこれらの行程ごとに各クリエイターが担当して1つの映像を完成させます。すでに約2000名弱のクリエイターのネットワークを構築しており、高品質でスピーディーな納品ができています。クラウドソーシングは比較的1対1のやり取りが多いが、発注側に対して複数人のクリエイターがタスクを分けて担当することで、動画制作に関わる様々な職能のクリエイターの共創を可能にしています。結果として高品質・低価格の映像をクライアントに提供。
【安定した基盤】アドバイザーには、DeNA社の川田氏、オプト社の海老根氏、早稲田大学の教授2名
企業特集 -
設立 2013年04月
資本金 495百万円
売上高 -
株式公開 -
従業員数 50人
業種
  • 希望に合う求人があれば転職を考えたい スカウトサービスに登録

関連する求人を探す