公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構
教育養成担当(コーディネーター) ※契約社員 No.80572995の求人・転職情報

Job No.80572995

募集要項

仕事内容

【Mission】東京オリンピックに関わる選手の検査を行う検査員の教育を行う部門にて下記業務をご対応いただきます。

【具体的には】
■検査院の育成
■育成に関する教材、ツールの作成
■講習会の準備・運営
※検査員は直接、選手のトレーニング場所へ出向き、検査を行われます。
 その方法などの教育を行う際のツール作成を行って頂きます。

【組織構成】検査結果管理部(25名):検査企画グループ
【残業時間】20時間程度

応募資格 ※同社への志望動機をアドバイザーにお伝えください。
※応募書類にお写真必須

【必須要件】
■下記いずれかのご経験のある方
(1)何かしらの企画の携わってた方
(2)講師などの人材育成に携わっていた方
(3)印刷物の製作の携わっていた方

※左記業務の経験は問いません、未経験から業務を覚えていただきます。
 スポーツを通しての社会貢献に興味をお持ちの方は是非応募ください。
勤務地 東京都 板橋区清水町
予定年収 350万〜500万
学歴 大学 卒業以上
勤務時間 10:00〜18:00
休日・休暇 ※業務により交替制の休日となる場合有 祝日、夏季休暇、年次有給休暇、年末年始
諸手当 -
募集職種
求人特徴

会社概要

事業内容

・アンチ・ドーピング活動の策定
・ドーピング検査事業
・検査員養成事業
・教育・啓発事業
・データベース構築事業
・調査、研究事業

特徴 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は我が国におけるアンチ・ドーピング活動を推進し、展開しています。

現在、JADAに加盟する団体は約80団体。今後もJADAは、競技会ならびに競技会外検査の実施、及びアンチ・ドーピングに関する教育・啓発活動や情報の管理・収集・提供などについても積極的な活動を実施していきます。

2001年、国内におけるアンチ・ドーピング活動のマネジメントを行う機関としてJADAが設立されました。これにより、世界標準のアンチ・ドーピング活動の展開が可能となりました。
2020年に開催が予定されているオリンピック・パラリンピック大会では、日本オリンピック委員会(JOC)及び大会組織委員会との連携のもと、ドーピング検査教育啓発活動を展開します。
また、国際レベルの競技大会だけではなく、国民体育大会をはじめとする国内大会やジュニア大会にいたるまで、アンチ・ドーピングに関する様々な活動を積極的に実施するとともに、関連する国内関係機関に対しても啓発活動を実施していきます。
企業特集 -
設立 2001年04月
資本金 -
売上高 -
株式公開 -
従業員数 35人
業種
  • 希望に合う求人があれば転職を考えたい スカウトサービスに登録