Global Mobility Service株式会社
ファンド運営【車を買えない世界20億人をIoTで解決】 No.80604865の求人・転職情報

Job No.80604865

募集要項

仕事内容

総額約7億円の資金調達シリーズBを終え、準備を進めていた正式なIPOへ向けてファンド運営として従事して頂きます。対象市場は海外市場(ASEAN)がメインとなります。書類選考通過となれば、まずはカジュアル面談を実施致します。同社事業内容/ビジョンをお伝えさせて頂きます。また貴殿の志や目標もしっかりと伺う場としてセッティング致します。

【トピックス】
・yahooご出身のハイレベルエンジニアを採用を皮切りにて組織としての技術力UP
→優秀なコーダーも多数採用し、事業促進に弾みが増す
・元大手化学品メーカー取締役のご参画が決定→IPOに向けた管理部門強化

※資金調達元はソフトバンク株式会社、住友商事株式会社、株式会社デンソー、株式会社クレディセゾン、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、SBIインベストメント株式会社といった名のたる企業であり、同社の今後の事業展望に将来性と期待をご評価頂いております。

応募資格 【必須要件】
■ファンド運営の豊富なご経験をお持ちの方

~同社発足のストーリーについて~
・フィリピン政府がの環境改善を目的とした三輪車10万台を全てEVに置き換えるプロジェクトが発足
・PwC社がフィリピン政府の窓口になり日系大手輸送機器(部品含む)各社がアサイン
・三輪車のノウハウは大手はなく同社の社長がノウハウがありアサイン
・事業の仕組み作りがスタート
※実際にフィリピンでEV三輪車が走っております。
勤務地 東京都 港区芝大門一丁目12番16号 住友芝大門ビル2号館4F
予定年収 450万〜700万 ※経験に応ず
学歴 大学 卒業以上
勤務時間 09:00〜18:00
休日・休暇 夏季休暇/GW/年末年始
諸手当 -
募集職種
求人特徴

会社概要

事業内容

【コア事業】
■自動車を中心としたモビリティ向けIoTプラットフォームサービス
■センサーや車両などから収集した位置情報を活用したクラウド型サービス

【具体的には】
■独自開発IoTデバイスとプラットフォームによる遠隔制御技術により、自動車に限らず福祉車両・重機・農器具・船舶などあらゆるモビリティの制御管理を行い、収集するビッグデータを価値化し提供します。

【海外拠点】
■Global Mobility Service Philipines.Inc. (平成27年5月6日設立)

特徴 ■同社は、自動車/福祉車両/重機/農器具/船舶などを遠隔通信制御よりIoTを実現させ、社会を前進させるモビリティIoTサービスを提供していきます。
■独自開発した遠隔通信制御機器(MCCS)を、走行する車両へ組込むことで、プローブ情報、人や施設の情報、センサー情報、インターネット情報などから収集される大量の位置情報を活用し、新たな価値を提供しています。
【設立背景】
■長年の自動車開発実績とモビリティIoT技術を融合させることで、国際社会に求められるモビリティサービスの提供を行ってまいります。
【今後の展望】
■同社は、搭載実績No1の遠隔通信制御機器(MCCS)技術で、様々なモビリティの運用にお役に立てるサービスを実現します。同社で独自開発したMCCSを、まずは金融機関やリース会社による車両管理に利用され、一般自動車に限らず福祉車両・重機・農器具・船舶など、あらゆるモビリティの制御管理をしたいというニーズを増やします。
【社長の魅力】
■中島社長は、16年前より数多くの電気自動車を開発し、その実績は業界でも広く知られています。同社の経営ほか、東京大学大学院非常勤講師/岐阜大学大学院客員教授など活躍の場は幅広いです。
企業特集 -
設立 2013年11月
資本金 410百万円
売上高 -
株式公開 -
従業員数 25人
業種
  • 希望に合う求人があれば転職を考えたい スカウトサービスに登録

関連する求人を探す