アクセンチュア株式会社

30万5000人以上の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する世界最大規模のコンサルティング会社であるアクセンチュア。本年同社では、ますます社会やビジネスに与える影響が増大するデジタル化へ対応するため、約2万3000人の専門スタッフを集結し、デジタルに特化した「デジタルコンサルティング本部」を新設しました。今回は新組織をさらに充実させるためのスペシャリスト募集にあたり、モビリティサービスグループを統括するマネジング・ディレクターの丹羽雅彦様にお話を伺いました。

経営のデジタルシフトに即応する機構改革を実施。

アクセンチュア株式会社_企業特集

- 新組織「デジタルコンサルティング本部」の概要を教えてください。

「デジタルコンサルティング本部」は、最新のテクノロジーを活用したインテリジェント・マーケティングによって顧客エンゲージメントを実現する「インタラクティブ」、各種携帯端末や機器をビジネスに活用して新しい価値を生み出す「モビリティ」、データ分析力でビジネスを支援する「アナリティクス」の3つのサービス群で構成されています。全体で約2万3000人が組織化された大きなグループであり、世界的にサービスを展開するアクセンチュアとって、この組織改編は未来を見据えた重要な試みです。

- 新設には、どのような背景がありますか?

デジタルとテクノロジーが融合して企業変革が進む中、経営のデジタリゼーションを加速したいというお客様ニーズへの対応強化です。SMACSの言葉に集約されますが、これはSocial、Mobile、Analytics、Cloud、Sensorsの頭文字からなるキーワードで、弊社ではこうした社会に浸透した技術や考えを使った取り組みを今後重点化していこうと考えています。今後、従来の弊社のコンサルティングの進め方とは違う動きが求められることから新組織が発足したわけです。

アクセンチュアが培ってきたノウハウと資源を結集。

- 新組織の強みはどのようなことですか?

お客様の現場から経営までをつなぎ、経営改革や業務改革も交えながら一気にデジタル化できること。つまり戦略策定からシステムの実装まで一貫したトータルサービスを、すべて自社内のメンバーで提供可能なことです。そしてアクセンチュアにはお客様の業務に対する理解深度、それに伴う信頼関係を資産として携えていることから、CTO、CFO、CMOといった経営の核を担う幹部層の方々からの相談が多く、導入に当たってはトップダウンで業務進行できるのも特長です。一方で現場への浸透のために、ユーザー体験の向上にむけたUXデザインにも力を入れています。

- 業務における事例をお聞かせください。

アクセンチュアでは通信、製造、流通、金融などさまざまな業界をリードする企業や官公庁がお客様です。最近の事例の一つに小売店舗改革があげられます。
最近増えている事例は小売り店舗改革の案件です。接客スタッフが情報精度の高いモバイル機器を携帯することで店舗をデジタル化し、本部へ瞬時に情報をフィードバック。本部における速やかな分析を可能にします。アクセンチュアの新組織ではモバイル、クラウド、アナリティクスといった要素をテコに、新しいビジネス価値を創出してお客様の高次元なニーズに応えていきたいと考えています。

さまざまな知識や経験がぶつかり合う化学反応に期待。

アクセンチュア株式会社_企業特集

- 募集にあたり、どのような人物像を想定されていますか?

「デジタルコンサルティング本部」は、ある意味今までのアクセンチュアの枠を超えて発足し、求める人物像も従来とは異なります。キャリア構築については入社後に多くのサポートとチャンスが用意されているので、何よりもまず本人のやる気が最重要です。私の経験からも仕事に楽しみを見出す人は成長しますし、活躍のフィールドも広がっていきます。そして好奇心。デジタルは革新的なスピードで進化して、気がつくと生活を激変させている技術です。そうしたデジタルがもたらす変化に気づき、ビジネスに直結させる感性、もっと言えば世の中の動きをいち早く察知できる人材が望ましいですね。あとはどんどん提案して前に進み、間違っていたらすぐに切り替えて行動する俊敏性も大切な要素です。じっくりプランニングすることも必要ですが、この新組織には議論する前にまずつくろうという土壌があります。

- 中途入社の方の前職は?

一日中プログラミングしているのが大好き。膨大なデータの中からノイズと本質を見分けられる、でも説明は苦手。
そうした得意なことに集中する働き方でもいいと、私は思っています。すでに中途入社された方の前職はベンチャー、研究者、大企業出身などとても多岐に渡っていて、それぞれ自分の担当案件・分野への興味を追及しつつ楽しく仕事を遂行しています。「新しい取り組みができるので発見が多い」、また「領域を限定せずにより広いフィールドでの発想が必要だ」という社員の声はよく耳に入ってきます。さまざまな業種出身の方の知識や経験がぶつかり合って、ピュアな化学反応が起きるのを期待したいですね。

転職をお考えの方へのメッセージ

- 最後に転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

デジタリゼーションにより市場は再定義され、いま世の中は大きな変革期を迎えています。そして加速するテクノロジーの進化は、企業の姿そのものを大きく変えようとしています。アクセンチュア「デジタルコンサルティング本部」はそこに真正面から立ち向かう体制を整備しているので、変革の最先端で活躍することを実感できるでしょう。日本のお客様のグローバル化に伴い海外プロジェクトが増え続けているのを背景に、会社としても「海外に行きたい」、「外国語でビジネスをしたい」という人を優先的にバックアップしていますし、それに対するトレーニングなどの人材投資も積極的に行っています。新しいステージに踏み出したい方は、ぜひチャレンジしてください。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み