エーエスエムエル・ジャパン株式会社

世界シェア50%の露光装置を武器に日本市場へ本格参入!

1984年にオランダPhilips社より分社。2001年には、米SVGを買収・合併により、ニコンを抜き、世界最大の半導体リソグラフィティ会社となった、ASML。その日本法人であるASMLジャパンが、日本市場への本格参入に伴い、複数ポジションにて採用をスタート。

オランダASML、スキャナー世界シェアNo.1

半導体製造における前工程で使用される露光装置。

露光装置の中でも、スキャナー(走査型縮小投影露光装置)をメインに注力しているのが、ASMLジャパンです。 「LSIの微細パターン化」と「チップサイズの拡大」ができるスキャナーは、ステッパーレンズの収差の少ないスリット状の部分で、レチクルとウエハを移動させることによりスキャンしながら露光を行うため、露光フィールドが大きく取れ、さらに微細なパターンをより高精度で転写できます。

ASMLは、1984年にオランダPhilips社より分社し、2001年には、米SVGを買収・合併により、ニコンを抜き、世界最大の半導体リソグラフィティ会社となりました。ASMLの開発拠点は、オランダ本社や米国。IBMやROHM、SHARP、など世界大手メーカーの50%以上と取引を行うなど、技術・CS共に高い信頼を受けています。

日本法人としての戦略は?

1994年に同社は設立しましたが、実際、本格的に参入し始めたのは、2001年。上記シェアがあっても、なかなか入り込めないのは、「外資企業のサポート力懸念」が挙げられました。 そこで、日本市場 後発企業の同社は、下記の戦略を立て、顧客にアピールしました。

  • カスタマーサポートに注力。
  • 入社後、1年以内は、海外開発拠点にて技術トレーニングを行い、国内のサポート体制の徹底する。顧客先の近くにオフィスを構え、エンジニアを常駐させ運用・保守にも注力
  • ロジスティクスを確立し、在庫部品を国内にも確保できるようなシステムを対応

また、決定的に違うのは、モジュールコンセプト!組み立ててシステムを立ち上げるのに、従来のシステムの半分に短縮できるため、1台総入れ替えよりもコスト削減にもなります。

求める人材像は?

世界トップクラスのシェアを誇るステッパーに関する国内外で徹底した研修を実施していますので、プロフェッショナルとしてキャリアが積める環境は用意しています。

あとは、ご本人のやる気次第!今までの経験を活かしながら、更なる向上心をお持ちの方であれば、待遇に関してもそのまま評価として反映します。また、オランダ本社をはじめ、各開発拠点とのやりとりもありますので、語学力も活かせます。

日本市場への拡大を共に目指せる、そんな意欲的な方を募集します。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み