株式会社アバント

国内トップシェアの実績を持つ連結会計システムを柱に、企業のグループ経営管理を支援するプロフェッショナル集団。

連結会計、経営管理、ビジネスインテリジェンスなどのサポートによって、顧客の事業発展に貢献する株式会社アバント。「経営情報の大衆化」をミッションとして掲げ、マネジメントの生産性を革新する企業グループの持株会社です。今回はこのアバントグループにおいて、連結会計システム、グループ経営管理・資金管理ソリューションなどを提供する株式会社ディーバのカスタマーエンゲージメント本部・カスタマーコネクション部の業務拡充に伴う募集にあたり、同部部長の相田健太郎様にお話を伺いました。

グループ経営を、財務面・システム面からトータルにサポート。

- まず、アバントグループにおける御社の位置づけについて教えてください。

アバントのもと、ディーバ、ジール、インターネットディスクロージャーの3企業がグループを構成しています。その中で、ディーバは国内シェアNo.1の連結会計システム「DivaSystem」を中核とした連結会計・グループ経営管理ソリューション、高い専門性を備えたアウトソーシングによって、グループ事業体の経営に関する業務をサポートする専業ベンターとして活動しています。財務情報を中心とした企業活動情報を活用して、あらゆるデータ・方法論・サービス・ツールを応用したさまざまな方法でお客様の事業価値最大化に貢献するアバントグループの中心的存在です。
※富士キメラ総研「ソフトウエアビジネス新市場2016年度版」

- 事業展開する上で、ディーバにはどのような強みがおありですか?

ひとつは連結会計システム「DivaSystem」で、連結経営への意識の高まりに伴う多様で複雑化した企業ニーズにお応えしています。導入実績は累計900社を突破しており、1997年のリリース以来、着実に積み重ねてきた実績と信頼はかけがえのないものです。次に、製品、業務、そして人財に至るまで、トータルなサポートを提供している点です。自社でシステム開発・販売・導入、そして維持・運用に至るサポートを一貫体制で行えることが特長です。そして連結経営のプロフェッショナルが集まる、卓越した経営基盤です。製品開発・保守スタッフ、専門コンサルタントを充実した体制によって、お客様のグループ経営が最大のパフォーマンスを生み出せるよう、的確なサポートを続けています。ITと会計を軸にした多くの専門家に加え、大手SIerなどの協業メーカー、監査法人系のコンサルティング会社といったパートナーとの連携も大きいですね。

お客様のビジネスの未来を見据えて、業務改善・改革を継続サポート。

- 今回募集される、カスタマーコネクション部の業務内容についてご説明ください。

平たく言いますと、メーカーのビジネスにおける「運用保守」部門となっており、「製品開発 → 販売 → 導入 → 保守」というサプライチェーンの中でも一番後ろにあたり、前述したディーバ社の強みに直結するポジションでもあります。日本の主要企業にはほぼシステム導入されている成熟市場の中、ディーバでは、お客様の事業価値最大化に永続的に貢献するために、一度採用いただいた「DivaSystem」というソリューションの利活用に関する提案を継続することで、会社としての成長を続けています。もちろん新規案件も毎年数十社増えている状況ですが、結果として既存のお客様の新たなプロジェクトが非常に多くなり、同時に今後の運用方法についてより高度なコンサルテーションを求める声も増え続けています。また、お客様の海外事業展開の進展に伴い、グローバル対応へのニーズもますます高まっています。このような環境下で日常的に直にお客様と向き合う、顧客接点の最も多い部門がカスタマーコネクション部となります。単にお問い合わせにお答えするだけではなく、相談の中から課題の本質を見極めてサービス提供する提案型のコンサルテーション。広い活動領域の中でお客様のリアルな業務を理解して、次なるニーズにも触れ、かつ提案にも関わるマルチな対応力が求められる部署となっています。

コミュニケーション能力を活かして、連結会計の現場に踏み込んでほしい。

- 働く上でのやりがいという点ではいかがでしょうか?

直契約の一流企業のお客様と相対して、実際の経理業務、経営企画業務の課題を生で実感し、解決へと導くご支援ができる点が最大のやりがいではないでしょうか。そして時にはCFOクラスの方々と直接深く関わりながら、仕事を通じて財務のエキスパートであるお客様に育てていただける環境でキャリアを重ねていける点も魅力であると思います。また、導入・開発から保守まで、ワンストップでサービス提供する社内体制の中、様々な業務の深堀りが可能である一方、他業務へのローテーション等を通じて自由度の高いキャリアパスが描けます。将来に向けて自分でアクションを起こすことで、望ましい働き方・生き方ができると確信しています。

- 応募される方に対しては、どのような人物像を望まれますか?

当部門はお客様との接点が非常に多いポジションですから、当然コミュニケーション能力は最重要視するポイントです。ITや会計の専門知識は業務の中でキャッチアップ可能ですので、積極的にお客様の話を聞き、自分の言葉で話し信頼関係を築くことに面白味を感じる方なら、ご自身の能力を発揮しやすいと思います。そして自分自身の将来の起業も含めて、「事業経営」に興味のある方ですね。また年齢、性別、国籍を問わず、手を挙げる人には、確実にチャンスが待っています。すでに中途入社された方の前職はコンサルティング・ファーム、SIer、会計事務所などが中心となりますが、常に前向きにチャレンジする方が活躍されているように見受けられます。

多くの出会い、得難い経験を積み重ねて、未来へ大きく羽ばたいてください。

- 最後に、相田様から御社に関心をお持ちの方々へメッセージをお願いします。

アバントグループは、最高のお客様満足を追求する姿勢を大切にするとともに、人間としての成長を楽しむ集団です。つまり変化を楽しみ成長を追求することが、一人ひとりにとっての活力を促すという考え方を持っています。事実、次なる可能性を秘めた新鋭企業から日本有数の大企業まで、専門性の高い方々と日々一緒に仕事ができる喜びは、そう味わえるものではありません。その経験は、自分の成長を目指す上で必ず大きな財産になるはずです。バックアップ体制として研修講座や実務的なeラーニングなども用意されていますので、これまで会計にまったく関与したことがなく不安に思われる異業種の方も、やる気があればキャッチアップは充分可能です。この機会に自分の可能性を広げたいという方は、ぜひチャレンジしてください。



※本記事は、2017/2/16に公開されています。記事の内容については掲載時点のものとなりますので予めご了承ください。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み