フォスター電機株式会社

10カ国以上への海外展開! 音に関するあらゆるニーズに応えているOEM主体音響メーカー

フォスター電機株式会社の強みは、「音」に関するあらゆるニーズに応えられる技術力と専門性。
時代や文化を超えて、あらゆる場面・場所で様々な意図を込めて使われる音を届けるスピーカー、ヘッドフォン、ホームシアターシステムなど数多くの製品群において、グローバルでもトップクラスの実績を誇ります。
フォスター電機の生産体制を支える工程技術部門の鈴木様、採用を担当する人事部門の尾崎様にお話を伺いました。

中途採用社員に期待することは

人事部門 尾崎様

私たちがこれまでたくさんのお客様に提供してきた音響製品、
スピーカ、イヤホンにもここ数年、大きな変化が訪れています。
これまでの概念と大きく変わる製品も多く生まれてきており、それらの製品が一つで完結するのでなく、製品同士で情報伝達したり、制御したりできるもの、またそれを遠隔操作できるようなものも身近に存在してきています。

それに伴なって私たちの製品も小型、軽量化は元よりワイヤレス、通信機能も併せ持つ高機能なものも求められています。
これからは私たちがこれまで培った技術、伝統、ノウハウだけでなく、他の分野でこれまでご活躍されてきた皆さんの技術、ノウハウ、経験を融合することにより更なるステップアップを計りたいと考えています。そういう変化の中でポテンシャルを発揮していただける方を求めています。

人事としての、選考における重視しているポイント

要求部門はこれまでのスキル・能力を重視して選考を行いますが、人事ではそれに加えて人物面や長期的に戦力として貢献していただけそうかといった観点でも候補者の方のお話をお伺いしたいと考えています。

弊社の業務は個人が一人一人で業務を進めていくというスタイルではなく、一つのプロジェクトを各部門のメンバーが一つになってプロジェクトを進めていくといったスタイルでの業務ですから、個人力としてはとても優秀な方であったとしても、いろんな立場、意見を持った方たちと一緒のチーム内でうまくポテンシャルが発揮できそうか、という観点もとても重要と考えています。

最近、中途採用の選考を行っていて感じることは

人事部門 尾崎様

以前と比べてご自身で前向きにキャリアアップを見据えて転職活動されている方は少ない気がしますが、やはりご自身の経験、スキルを客観的に把握されていて、かつ進みたい方向が明確に定まっている方はお話をお伺いしていてもとても魅力的で言葉に説得力を感じますね。

一方、最近では新卒から数年経験した、いわゆる第二新卒層と呼ばれているゾーンの応募者の場合には、表面的には意欲ややりたいことがあって自発的ではあるものの、自己認識や現状認識をもう少し客観的に見られることも今後のご自身の為には必要なのではないかと感じたりすることもあります。

新卒入社と中途入社で価値観にはどんな違いがあるか

現在、社員全体の中で半分近くは中途社員で、その割合も年々上がっているような状況です。
ですから、プロパーと呼ばれる新卒入社であるか中途入社であるかで何か差が出たり、壁があったりとかそういったことはありません。価値観については新卒だから、中途だからというものではなく、個人によるところではないでしょうか。

新卒、中途ともに共通した仕事に対する取り組み姿勢は、地に足をつけて落ち着いて仕事をしている方が多い、自発的に取り組む方が多いという印象です。

人事という立場から見て、転職して活躍するためのポイントは

上記の選考で感じることと重なりますが、ご自身の経験、スキルを客観的に把握できている人、強みを意識して業務に取り込める人ではないでしょうか。

ただ、新しい環境でそれをはっきしてもらわなければならないので、今までのやり方や、他の社員の考え方とうまく交わりながら、適応したり、ある時には変化を起こしていただきたいと考えています。状況に応じて押したり、引いたり、そういうバランス感覚や意識を持っている方はどんな会社でもご活躍できるのではないでしょうか。

転職をお考えの方へメッセージ

これまでお伝えしてきたように、今後どんなキャリアを積んでいきたいか、どのスキルを磨きたいかをよく考えていただき、そのフィールドがフォスターで発揮できそうだと思っていただけるようでしたら、是非応募いただきたいですね。

雇用形態は多くの場合、正社員前提とした契約社員から始めさせていただくので、不安に感じられる方もいらっしゃると思いますが、不明点は遠慮なくパソナキャリア様や私たちに聞いてください。世間一般の契約社員とは異なる部分も多いのでご納得いただけるまでご説明させていただきます。皆様とお会いできることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み