京セラコミュニケーションシステム株式会社

プログラマから上流SEに。「人として」の判断を意識して働くことができる環境でスキルアップをしていきたい。

アメーバ経営と京セラフィロソフィの両輪で創業以来18期連続黒字経営を続けている京セラコミュニケーションシステム株式会社。プログラマから上流SEを目指し、同社にご入社されたインターネットビジネス事業部 東京プラットフォームシステム2課 砂川拓也様。入社後に感じる仕事や会社の魅力についてお話を伺いました。

第一線のベンダーとしてお客様と相対することが仕事の魅力。

 - 現在の仕事内容について教えてください。

現在は通信キャリアのお客様を担当しており、コンシューマー向けのシステム開発にSEとして携わっています。お客様はほぼ一定ですが、プロジェクト単位でアサインされて、3ヶ月から半年くらいでいろいろなプロジェクトに入っています。これまでは、写真を管理するシステムやスマートフォンから閲覧できるシステムの開発などを担当してきました。設計の主担当をすることもありますし、プロジェクト規模によっては、プロジェクトリーダーとして全体を管理することもあります。

今の仕事は、第一線のベンダーとしてお客様と相対することができることが魅力ですね。お客様の生の声を聞くことができますし、自分がシステムを作っている、という実感が持てます。

 - どんなときにやりがいを感じますか?

SEとして一番やりがいを感じるのは、お客様にきちんとシステムを納品できたときです。特にプロジェクトリーダーを担当している場合は、案件にさく時間が大きいですので、納品したときの達成感もとても大きいです。納品したシステムに対して、お客様からよい評価をいただけると、さらに今後のやる気につながっていきますね。

プログラマから上流工程のSEに。京セラフィロソフィが入社の決め手。


京セラコミュニケーションシステム株式会社_企業特集

 - 以前はどういった仕事をしていたのですか?

以前はプログラマをしておりました。お客様先に常駐し、プロジェクトによってさまざまな言語での開発を担当しました。転職を考えたきっかけはもっと上流工程をやりたいと思ったからです。

 - なぜ上流工程をやりたいと思ったんですか?

自分の価値を見出したかったからです。プログラムに関してはいろいろな考え方があると思いますが、今は海外から人を調達することもできますし、要件定義や設計ができる人材のほうが長期的に業界でのニーズが高いのでは、と私自身は考えたからです。

 -転職活動をされて、京セラコミュニケーションシステムに入社を決めた理由はなんだったのですか?

思い描いているキャリアのステップアップを実現できそうだと思ったからです。経験としてはプログラマの経験がメインでしたが、それでも上流工程を任せていただける環境でした。また、面接時に「人として」「道理として」などのお話があり、仕事をする上とても大切なものだと思いました。それが「京セラフィロソフィ」だったわけなんですが、そういうったことを大事にしている点に共感し、入社を決めました。

 -「京セラフィロソフィ」とは、京セラグループの経営の原点といわれている哲学ですね。

はい。「京セラフィロソフィ」とは、自分都合ではなく、「人間として何が正しいか」ということを基準に物事を判断していく企業哲学です。京セラグループの社員は「京セラフィロソフィ」を理解し、それに基づき行動をしています。何かを考えるときに、ここに立ち戻って考えることができますので、ただ単に仕事をすればいい、というのではなく、あるべき姿などを考えながら仕事ができる点に、こういった哲学のあることのよさを感じています。

?

「人として」の判断を意識して働くことができる環境であることが、入社してよかった点。


京セラコミュニケーションシステム株式会社_企業特集

 -ご入社後、実際に上流工程をご担当されていかがですか?

思った以上に大変でしたが、とてもやりがいを感じています。お客様や社内との調整だったり、パートナーとの調整だったり。入社後にすぐ上流工程を担当するグループに配属されたので、先輩に相談をしながらいろいろなことを学びました。お客様とのやりとりの中での言葉選びひとつをとっても大事なんだな、と今は感じています。

 -今後はどういったキャリアを描いていきたいですか?

まずは、今担当しているアプリケーション設計での経験をもっとつんでいきたいです。そして、インフラやサーバ関連の構築に関する知識も身につけ、トータルで提案のできるシステムエンジニアになりたいと思っています。

その先には、お客様の企画や事業の展開に対して、システムエンジニアとして提案ができるようになっていきたいです。そうなってこそ、お客様のビジネスパートナーとしての役割を果たせるのではと思っています。

 -具体的に何かスキルアップの勉強などはされているのですか?

今はインフラ系の資格取得に向け、勉強をはじめています。当社では、半期に一度、上司と面談をして目標を決めています。その中で資格取得に向けての勉強を決めたので、今取り組んでいる最中です。

上司との面談は、今やっていることや今後やりたいことをベースに、「こういった力をつけていこう」「こんなチャレンジをしていこう」と半期の目標を決める面談です。振り返りの面談も行い、フィードバックと評価をしてもらいます。当社ではこの目標を書くシートを「有言実行シート」と呼んでおり、ここももちろん「京セラフィロソフィ」がベースとなっています。

SEとしての仕事のやりがいとともに、長期的な自分の成長や、「人として」の判断を意識して働くこともできる環境であることが、この会社に入社してよかったと思う点ですね。

?

転職をお考えの方へメッセージ

 -最後に、転職をお考えの方にメッセージをお願いします。

私は、自分の希望で上流工程を担当するグループにおりますが、それ以外にも当社にはプログラマの部署、企画の部署など多くの部門があります。「こういったことをやりたい」と手を上げる方の声をきちんと聞いてくれる会社ですので、熱意のある方にはとてもよい環境なのではないでしょうか。他部署との交流も多いので、情報交換をしたり、仕事の幅を広げていくことができます。チャレンジしたいという意志を持ち、熱意のある方にはとてもよい会社だと思います。みなさんのご応募をお待ちしています。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み