株式会社ネットマイル

成長中のビジネスだから仕事に面白み・やりがいがある! 注目のネットマイルが営業・エンジニアを積極採用中

同じ商品を買うなら、ポイントがためられて好きなように使える方がいい―消費者ニーズを素早くキャッチし、ネット上の共通ポイントプログラム市場でトップを走るネットマイルの事業や会社の魅力を伺いました。

前職と転職した理由

パソナキャリアを通じて転職した松戸邦裕氏

松戸邦裕氏(パソナキャリアを通じて入社)

大学を卒業後、大手ダイレクトマーケティングを提供する企業に6年間勤務しました。ここではCRMの法人営業を行い、コールセンターの運営などにかかわりました。社員数だけで2000名弱。次第に責任を持って周囲を動かす、大きな歯車として働いてみたいと思うようになり、従業員4人の物流会社に転職したんです。

ここでは経験を生かしてコールセンターの立上げや、国際宅配事業などを行いました。しかし、2年の間に出向・転籍が多く、顧客との信頼関係が築けるような仕事ができなかったため、再度転職することにしました。

ネットマイルに転職するまで

最初の転職は知人の紹介だったので、面接もなく入社しました。だから今回の転職は、新卒以来の経験です。転職の「イロハ」もわからない状況だったので、パソナキャリアの転職サポートサービスを利用することにしました。

ネットマイルの求人はキャリアカウンセリングの後に紹介されました。そのときは意外な印象を受けたことを覚えています。しかし、事業内容に興味を持ったので応募することにしました。さらに選考を重ねるうちにネットマイルへの関心が高まり、入社を決意しました。

ネットマイルに入社を決めた理由

大きく3つの理由があると思います。「インターネットのポイント制度」という商材がとても魅力的だったこと。面接ではありのままの自分を出し、そこを評価してもらえたこと。そして、自分が営業として「売れる」と感じられた商材を扱っていることです。
あとは面接で訪問したときの会社の雰囲気や面接官の印象が良かったことも影響していると思います。

現在の仕事内容について

PC営業部に所属し、加盟店となる法人の開拓を行っています。対象は食品メーカーから金融業界までさまざま。プロモーション担当者に、「ポイント制度にネットマイルをご利用ください。いろいろな使い方ができます」と提案していくわけです。

新規開拓ですから最初のアプローチは電話です。当社のポイントプログラムがユーザーに使いやすいものになっていること、プロモーションに有効であることなどを説明すると、規模の大小にかかわらず話を聞いてもらえます。自分で売る商品に関心を持ってもらえないことほど、モチベーションが下がることはありませんから。入社前に感じたとおり「売れる」商材だと思います。

転職をお考えの方へメッセージ

今回は、初めて1年後、数年後を見据えての転職ができました。長い目で見て顧客の信頼を獲得し、人脈を構築していけたら、と考えています。
数年後にどういう自分になっていたいのか。そのためにはどうしたらいいのか。そういったことが構築していける会社だと思います。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み