日本発条株式会社

自動車分野に次ぐ情報通信分野が急成長。

1939年、自動車のサスペンション用ばねの製作から始まった日本発条(通称:ニッパツ)の歴史。以来70年近くにわたって追求してきた金属加工技術や振動解析技術をベースに、いくつもの「業界初」「No.1」技術を生み出してきました。
近年では情報通信分野にも力を入れています。
今後の事業戦略とキャリア採用について、
人事部人材労務グループ主査、新井健二氏にお話を伺いました。

主力事業である自動車分野、革新的な技術で業界をリード

人事部人材労務グループ主査 新井健二氏

人事部人材労務グループ主査 新井健二氏

高性能化が進む自動車では、その安全性や快適な乗り心地、環境への配慮などにおいて、ばねは欠かすことのできないパーツのひとつとなっています。

その中でも特に、サスペンションとして使用される懸架ばねは、当社製品が世界シェアの約25%を占めるNo.1ブランドです。

当社の技術力を示すエピソードをひとつご紹介しましょう。

人気ステーションワゴンのシートは100%ニッパツ製

サスペンションに使用されるコイルばねは、垂直方向に伸縮します。ところが車体には斜めに取り付けられるため、従来の方法ではばねの荷重軸と外力の作用線が合わず、緩衝器にかかる横方向の荷重を吸収しきれずにいました。これを解決したのが、当社が開発したL型と呼ばれるばねでした。

ばねの傾斜角を変化させ、荷重軸と外力の作用線を一致させたのです。これにより自動車の乗り心地が格段に向上し、お客様からは「一般ユーザーが乗っても違いがわかるほどの進化」との評価をいただきました。

このほか人気ステーションワゴンのシートは100%ニッパツ製ですし、シートが自慢のある車種は、当社が開発段階から参画しました。

成長著しい情報通信分野を自動車とあわせ二大事業分野化

日本発条開発のL型ばね

当社ではHDD用の磁気ヘッドを支える薄板ばねであるサスペンションを手がけており、現在世界シェアの約30%を誇っています。代表する製品が、登録商標となっている『風魔』です。

使用状態のディスクは高速回転するためHDDユニット内で激しい風が起こります。この風圧の中でディスクと磁気ヘッドの間隔を、常に8~15ナノメートルに保つため、当社ではそれまでの常識だった3ピース構造を4ピース構造に変更したサスペンションを開発したのです。

HDDは今や、PCだけでなくDVDやゲーム機器、カーナビなどにも幅広く使われています。このHDD用サスペンションをメインに、半導体・液晶ディスプレイ検査装置のマイクロコンタクタやセキュリティ関連製品などを武器に、自動車分野と肩を並べるべく、次世代を見据えた製品・技術の開発に取り組んでいます。

技術者を中心に幅広い職種を募集

前段でもご説明しましたが、情報通信分野はもちろん自動車分野においても、次世代に向けた開発に力を入れています。また、好調な業績にも反映されているように、日常の生産活動も拡大する一方です。そのため、さまざまな部署・事業所で幅広く、即戦力となる人財を常時募集しています。

キャリア採用に期待する点とは

経験に応じてお持ちの高い専門性であることはもちろんですが、組織として仕事を進める上で欠かせない協調性なども重要視しています。

会社にはそれぞれのカラーがありますが、ニッパツとはまったく別の視点から「こういう考え方もあります」と、積極的に提案し、周囲にうまく説明できる方なら理想的ですね。当社にはそういった意見を受け入れる風土がありますから。

転職をお考えの方へ

グローバルにビジネスを展開している当社ですが、一言で表現するとアットホーム、家族的な雰囲気の会社です。年齢や社歴といった壁を意識することなく付き合える人間が多いと思います。だから社員同士のコミュニケーションも活発です。また入社後に能力を十分に発揮すれば、昇格・昇進の面で中途採用であることがハンデになることもありません。離職率が低いのも自慢です。

技術者にとっては、それぞれの分野で業界の最先端技術、画期的な技術に触れられる醍醐味があると思います。あなたのアイデアが、次なる業界のスタンダードとなるチャンスも十分にあるでしょう。また、キャリア形成については年に2回の面接で、上司が親身になってアドバイスします。

当社は長い歴史の中で、一度もリストラ的な人員削減を行ったことがありません。そういった意味でも、安心してご自身の業務に打ち込んでいただける環境だと思います。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み