日産自動車株式会社

日産の取り組み

特にプロジェクトや組織のリーダーとなる女性が活躍することが重要で、日産自動車は、意思決定層におけるジェンダーダイバーシティの促進を、経営戦略として取り組んでいます。
財務部 資金グループ 城所 江里香様にお話を伺いました。

兆単位もの資金を調達する会社に興味

グローバルで兆単位もの資金を調達する日産自動車。その財務戦略は、果たしてどのような意思決定のもとで遂行されているのか。私はそれを知りたくて、こちらにキャリアの場を移しました。 以前に勤めていたのは、大手証券会社。そこでは、顧客企業の財務を分析し、資金調達のためのコンサルティングを行う業務を手がけていました。

力を試すのにはふさわしい舞台

財務部 資金グループ 城所 江里香様転職にあたっては、できれば大手のメーカーの財務を手がけてみたいと考えていました。大企業のほうが資金調達の手段も多様ですし、自らモノを創り、製品を身近に感じられるメーカーならば、思い入れをもって仕事ができるに違いないと。 私が転職した2004年当時は、日産自動車がリバイバルプランを経て急速に財務体質を改善し、グローバルなステージへ飛躍しようとしていた頃でした。 力を試すのにはふさわしい舞台だと。
そして現在は、財務部の資金グループに所属し、海外の販売子会社のファイナンスを支援する業務を担っています。グローバルで最適な資金調達を果たせるように、全体を見渡せる立場から各社の意思決定をサポートしていくことが、いまの私のミッションです。

財務体制そのものを創り上げる

海外の子会社に赴くこともよくあります。先日、タイで販売子会社を立ち上げた際も、金融の経験の浅いメンバーばかりでいきなり資金がショートしそうになって……たまたま私はその時、別件で現地に出張しており、彼らからのSOSを受けて善後策を教授して事なきを得ました。

私たちは、各国にナレッジを展開して、海外子会社の人材を育成し、財務のレベルを向上させていくという役割も負っている。グローバルで強固な財務体制そのものを創り上げていくところから関わっていけるのは、大変やりがいがありますし、私にとっても貴重な経験となっています。

日産自動車を動かす誇りと責任

財務部 資金グループ 城所 江里香様財務は、トップマネジメントに直結するポジション。役員会に提案を上げる機会も多い。私が最適だと思うことが、必ずしも日産全体にとって最適であるとは限らない。自分の判断が本当に正しいのかどうか、経営層の審判を仰ぐことで確かめていくことができる。そんな経験を重ねられるのは大変刺激的ですし、知見が大きく広がっている実感があります。「モノ創り」と「財務」は、日産自動車を動かす上での「クルマの両輪」。両方が強くなければならない。その一翼を担っていることに、大きな誇りと責任を感じています。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み