日興システムソリューションズ株式会社

証券会社グループのシステム会社だからこそ感じるやりがいや活かせる力とは?

証券の業務ノウハウと高度なIT技術の融合により、品質の高いシステム提供している日興システムソリューションズ株式会社。最前線に活躍されているシステムエンジニアのみなさまに、今の仕事ややりがい、入社してよかったと思うこと、今後チャレンジしたいことなど、お話を伺いました。
インタビューさせていただいた皆様
●基盤システム開発部基盤構築課
福田 圭祐様(写真右)
●トレーディングソリューション一部トレーディングソリューション一課
佐々木 智里様(写真中央)
●オンライントレードシステム部オンライントレードシステム三課
金 成弥様(写真左)

担当をしている業務について教えてください

日興システムソリューションズ株式会社_企業特集 - それではまず皆様、現在担当されているお仕事について教えてください。

佐々木:
トレーディングソリューション部という部門で、営業店の顧客向けサービスを担当しています。その中で株式を主に扱う部署におり、外国株式を中心に代金計算や注文処理などの部分を担当しています。主な業務内容としては、何か新しいシステムを開発する際に、ユーザ部門と話をし、要件を確定する、要件定義フェーズを担当しています。

福田:
私はインフラ系を担当しています。インフラなので、主な仕事内容としては対ユーザ部門とのやりとりも、インフラを提供しているベンダーとのやりとりが多いです。プロジェクトが発生した際には、基幹系の担当としてアサインされます。ユーザからの要望を把握し、ベンダーから新しい技術についてのヒアリングをしながら、システム構成を決定していったりすることが主な業務です。

金:
私はアプリケーション担当で、オンライントレードシステムを担当しています。その中でもIPO、新規公募株式売出、金額株数指定取引など、SMBC特有の領域を担当しています。ゼロから新しいものを作るというより保守業務がメインですが、要件段階からプロジェクトに参加します。

やりがいや達成感を感じる瞬間とは?

 - ありがとうございます。金融関連のシステムというとで、責任の重いシステムをご担当されているかと思いますが、どういったときにやりがいを感じますか?

佐々木:
私は、他部署の方から外国株式に関する知見を求められるときに、自分としてやりがいを感じたり、成長を感じています。入社以来、株式に特化した部署に所属して、外国株式を中心に担当してきました。そのため、何か別のプロジェクトで外国株式に関する知見が必要な際に質問をされたりすることもあるんです。業界や業務に関する知識が身に付いているとやりがいを感じる瞬間ですね。

福田:
私は今10年目になるのですが、年々仕事の幅が広がってきていると感じています。経験を積んだことで、全体把握ができたり、理解度があがってきていることで、プロジェクトの中で自分はどういった役割を果たせばいいかを判断し、やりきったときに、達成感を感じます。

金:
システムはものづくりですので、プロジェクトとしてシステムを作り上げたときにやりがいを感じます。私はオンライントレード担当ですので、一般ユーザが直接使うシステムを開発しています。使い勝手のよいものを作れたと感じたとき、複雑な仕組みが無事に動いたときにやりがいや達成感を感じています。

入社してよかったと思う点は?

日興システムソリューションズ株式会社_企業特集 - ご入社されてよかったと思う点はなんですか?

佐々木:
扱っているのが証券会社の株式という製品ということで、ニュースで聞いたようなことが自分の仕事内容に反映されるようなときに面白さを感じます。

福田:
あるベンダーが開催しているシステム会社を集めたワークショップに参加したときに、自社以外の金融系システム会社の方とお話をし、固い雰囲気があるなと感じました。それに対して、当社では風通しのよい社風で、仕事自体もいろいろやらせてもらえていると感じます。もちろん、上司からの指示はありますが、その中で自由にやらせてもらうことができ、助言ももえらえることができる。実際にシステム構成を自分で考えて提案したり、役員への報告をまかせていただいたりしています。こういった環境で経験を積むことができるのは、入社してよかったと思う点ですね。

金:
プライム案件を担当できることです。ユーザと直接話をしていますし、やはり、一次請けか二次請けかで仕事内容は大きく違うと思います。あとは若いうちから仕事を任せてもらえることです。実は配属されてすぐ、小さなプロジェクトですが、リーダーをまかされたんです。ただ、わからないことだらけでしたので、先輩が手順書を全部確認してくれたり、プレゼンのリハーサルにつきあってくれたりと、まわりにサポートをしてもらいながらのリーダーでしたので、とてもよい経験ができたと思っています。

まわりではどういった方が活躍している?

 - まわりを見るとどういった方が活躍されていますか?

佐々木:
積極性がある人でしょうか。当社は風通しがよい会社ですし、みんなが仲間意識をもっています。わからないことがあれば誰かに聞けば解決できますし、そういったことが積極的にできる方が活躍している印象です。あとはトラブルがあっても自ら進んでできることをやっていくようなタイプの方ですね。

福田:
誰が何をしているかを把握して、積極的にコミュニケーションをとっているようなタイプですね。

金:
管理能力と調整能力がある方が活躍しています。システム開発会社ですが、ユーザ部門とのやりとり業務も多く発生しますので、コミュニケーションをとれることは大切なポイントになりますね。

今後チャレンジしていきたい仕事は?

日興システムソリューションズ株式会社_企業特集 - 今後どんな仕事にチャレンジしていきたいですか?

佐々木:
ユーザにもっと近い部署にいって、エンドユーザさんが使っているようなシステムの改善をしていきたいです。自分がつくっているものがどういかされているのか、どう使われているのかを感じながら、プロジェクトを担当していきたいです。

福田:
基盤面の担当として、ある程度プロジェクトをとりまとめるような立場になっています。今後は業務系の知識を身につけていきたいですね。業務系の部門で経験を積んで、業務の観点からみたときに、システム、インフラはどうあるべきかを学んだり、吸収していきたいです。

金:
大規模案件のプロマネをやりたいです。大規模になるといろいろな部署をわたってプロジェクトが動くので、そういったプロジェクトのマネジメントをして、自分を試してみたいです。あと、個人的には一度親会社に出向して、自分の作ったものがどう使われているのか、ユーザがどういう視点で見ているのかをもっと近い距離で見てみたいという希望もあります。

転職をお考えの方にメッセージ

日興システムソリューションズ株式会社_企業特集 - 最後に転職をお考えの皆様にメッセージをお願いします。

佐々木:
人と人の関係に悩むことは少ないですね。今の業務に物足りなさを感じているような方であれば、当社はどんどん仕事にチャレンジしていくことができるのでよい環境だと思います。

福田:
とても風通しのよい会社だと思います。中途入社の方は今までの経験で自分の仕事スタイルを確立されていると思いますが、それを活かして活躍することのできる会社です。また、福利厚生もよく、家賃補助も大きいですし、お休みもきちんともらうことができる点も当社のおすすめできるポイントです。

金:
新卒入社だから、中途入社だから、といったことは関係なく、仕事にチャレンジできる環境です。臨機応変で責任感の強い方と一緒に働きたいと思っています。皆様のご応募をお待ちしています。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み