株式会社ワンスター

ダイレクトマーケティングの最先端である通販市場に特化した、国内屈指のデジタルマーケティング×コンサル集団。

徹底した顧客貢献を掲げ、特定業界特化の深い知見と総合的なマーケティングコンサルティングによって成長を続ける株式会社ワンスター。「インターネット」「Eコマース」「ダイレクトマーケティング」という成長領域で続々とグループ企業を設立するファインドスターグループ内で、リピート通販企業を中心にダイレクトマーケティングを支援する注目の企業です。今回は営業職を中心とした募集にあたり、デジタルDRM事業部第二セールスコンサルティング局局長の佐藤崇様、同部第一クリエイティブ局局長の松尾卓磨様のお二人に、求める人物像などについてお話を伺いました。

若さと確かなポテンシャルを兼ね備え、個の力を結集した組織力の強さ。

- お二人とも転職されていらっしゃいますが、前職、そして現在の仕事内容を教えてください。

佐藤:私はワンスターでは数少ない同業種からの転職で、ネットの広告代理店でプレイイングマネージャーとして顧客営業とメンバーマネジメントを行っていました。私が転職を考えたのは、30歳を目前に自分のさらなる成長を考えた時にもう一度キャリアリセットとしてでも外の世界を見たい、自分の市場価値とはどれくらいのものなのかを見定めたいと思ったのがきっかけです。現在は営業局の責任者として、新規顧客の開拓、既存顧客の育成・拡大部門を統括し、戦略立案・数字計画立案、メンバーマネジメントが主な役割です。理念経営のもとで仲間が同じ方向を向いて動き、それがしっかり浸透している組織力が、前職との大きな違いです。個の強さはもちろん、チーム・組織の強さがワンスター自体の強みになっています。入社2年未満が大多数という若いメンバーが多い中、顧客貢献して売上拡大できているのもこの組織力の強さがポイントだと思います。

松尾:以前は化粧品メーカーで営業をしていました。幅広い担当エリアを受け持ち、ドラッグストアや量販店の本部への営業、百貨店での販促立案など充実していましたが、ふとした時に商品が売れるのはモノの確かさによるもので、自分の提案力は成長していないのではないかと危機感を感じるようになったのが転職のきっかけです。好きな会社でしたので悩みましたが、「もっと成長したい」「形のないものを扱いクライアント様に貢献したい」という思いが強く転職を決意しました。ワンスターでは前職とは異なりクリエイティブ局に配属され、大手クライアント様のチームで圧倒的な数のクリエイティブテストをこなし、現在は局長としてクリエイティブ局の戦略を立案・実行しています。

売上アップにコミットして、戦略立案から実行まで支援。ファインドスターグループの一員として世界を視野に活動中。

- ダイレクトマーケティング業界で躍進を続ける、御社の特長・強みについてお話しください。

佐藤:ファインドスターグループ全体で、リピート通販企業へのダイレクトマーケティング支援業界に特化したサービスを提供できることです。顧客のビジネスを深く理解でき、相乗効果が非常に高いとともにそのノウハウが蓄積・継承できます。今後は「無数の新しい価値で、多数の世界一を」というワンスタービジョンの通り、国内で培ったノウハウを武器に世界でも通用するサービスを創造していきます。直近タイでワンスターグループ第1号も誕生したことで、今後さらにアジア展開が加速していくのは間違いありません。

松尾:特定業界に特化しているので、スタートアップから総合的支援までワンストップ・ソリューションで多様なご要望にお応えできる点に尽きます。経験・立場で言うと、クリエイティブの力は絶大です。勝ちクリエイティブがひとつあるだけで、クライアント様の売上が大幅に変わります。また、時代に伴いメディアやデバイスなどさまざまなことが変化していますが、クリエイティブの重要性はますます高まっていくと考えています。海外展開が進展していく今後も、エンドユーザー様とクライアント様の商品をつなぐ大切なパートで、責任を持って業務品質を向上させていきたいですね。

価値観を共有して、社員全員が一体感を持って顧客貢献できる喜び。

- 仕事上の魅力、やりがいはどういったことでしょう?

佐藤:働く魅力は、同じ価値観を持ったメンバーと苦楽を共にできることです。ワンスターでは、「信頼、開拓者精神、WINWIN」という基本的価値観を掲げています。せっかく働くなら同じ価値観をもった人間と切磋琢磨できた方が絶対楽しいですし、クライアント様のため仲間のために頑張れます。営業担当としての一番のやりがいは、やはりクライアント様の売上に直接貢献できることです。ワンスターの営業はコンサルに近く、顧客の課題を把握して解決に向けて最適な提案をしています。クライアント様のマーケティングパートナーとして、売上が上がりクライアント様の成長を共に実感していけることが最高に喜びを感じる瞬間ですね。

松尾:魅力は、佐藤同様、共通した価値観の仲間と一緒に成長できることです。ちなみにワンスターでは、ビジネスコンサルタントであるジム・コリンズの著書「ビジョナリー・カンパニー②飛躍の法則」にある「だれをバスに乗せるか——最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」という考え方を実践しています。はじめに適切な人をバスに乗せ、その後どこに行くかを決める。“適切な人”といっても、ワンスターの場合は経験者である必要はありません。私を含む中途社員のほとんどが業界も職種も未経験な中、共感し合う仲間とエンドユーザー様・クライアント様を本位に考える企業風土は、成長を後押ししてくれる環境であると確信しています。やりがいは、自分の考えたクリエイティブが効果をもたらしクライアント様に貢献できることです。形のない所から考えていくので、結果が出た時の達成感は大きいですね。これからも、全員の力を結集させてさらに強いクリエイティブ局を構築したいと考えています。

理念に共感でき、一度自分をリセットして新しい世界に立ち向かえる成長意識の高い方。

- 新しい仲間には、どのような人物像を描いていらっしゃいますか?

佐藤:今までの経験・キャリアをいい意味でゼロリセットして、新たな世界に立ち向かえる人ではないでしょうか。もちろん培ってきた経験を活かすことはとても大切ですが、まず新しい環境で意識的にすべてをゼロベースから素直に受け入れ、積極的に学ぶ姿勢を持つことでさらなる活躍の場が広がると思います。

松尾:社内には、まじめでアツく顧客貢献の意識が高い人間が揃っています。年次に関係なく自分の意見を自由にアピールできるのも、顧客の立場に立って何ができるかという思考が徹底されているからです。こうした会社の理念に共感して、成長意欲があり何事も貪欲に吸収する気持ちの強い方であれば、気持ちよく力が発揮できると思います。

変化対応力を身につけスキルアップ。自分の価値を高めて羽ばたいてほしい。

- 最後に、転職をお考えの方へメッセージをお願いします。

佐藤:ワンスターは若手メンバーで構成されているため、たとえば新卒3年目で支店の責任者、中途入社2年で営業責任者など、早くから若手に責任あるポジションを任せています。またWEBマーケティング×通販という変化の激しい成長市場で実力を養成でき、市場価値の高い人材になることも可能です。未経験でもまったく問題ないので、若くして圧倒的に成長したい方はご応募をお待ちしています。仲間と共に学び、変化を楽しみ、会社と一緒にぜひ自分自身を飛躍させてください。

松尾:転職活動は、自分と向き合ういい機会です。私自身、明確にこれだというものがあったわけではなく、「成長したい」というざっくりした気持ちでしたが、自分を見つめ直していくうちに考えが固まっていきました。重要視していたのは「後悔をしないこと」。きちんと熟考して選択した道の先には、後悔は生まれません。ワンスターというチャレンジの舞台に飛び込み、動きが速い業界において今後ますます求められる“変化に対応できるスキル”をぜひ身につけてください。



※本記事は、2017/2/2に公開されています。記事の内容については掲載時点のものとなりますので予めご了承ください。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み